· 

集客できるブログを書くために必要なSXO(検索体験最適化)とは?

集客できるブログを書くために必要なSXO(検索体験最適化)とは?
集客できるブログを書くために必要なSXO(検索体験最適化)とは?
   

 

こんにちは。

 

うちだ広大です。

 

ブログ集客を考えた時に当然気になってくるのは、アクセスであり、検索順位ですよね?

 

つまりSEOです。

 

JIMDOやwixなどのCMSサイトで独自ドメインでブログを始めたり、ワードプレスを始めたのはいいが、アクセスが全くない。

 

一向に検索される気配がない。

 

そもそも何を書けば、どの様に検索順位が上がるのかもわからない。

 

ブログ塾やブログコンサルに頼んだものの、話題のニュースやスポットなどを記事にしたり、とにかく書きましょう!

 

お客様の悩みから記事にしましょう。

 

などと言われ、書き方がわからないから、書き方のテクニックを今度は学びにいく。

 

この様な傾向が多いと思います。

 

あなたも、検索順位が全く上がっていないのに書き方ばかりを勉強していませんか?

 

ブログは、数打てば当たるとやっていても成果は出ません。

 

検索順位を上げるために必要なこともありますし、ただ、アクセスが沢山くれば集客できるという時代でもなくなってきました。

 

そのことについては、私は、ずっと言い続けているのですが、少ないアクセスでも濃いアクセスを集めたら集客はできます。

 

もっと突っ込んで言ってしまえば、あなたのビジネスに興味ある人以外は読まない様なブログを作れば少ないアクセスでも集客は可能になります。

 

その考えが、SEO(検索エンジン最適化)からSXO(検索体験最適化)に変わってきています。

 

なかなかアクセスがあっても集客できない人や、どんなことを書けばいいのかわからない人、SEO対策がよくわからない人は、参考にしてみてください。

 


発信者の一方通行の情報発信は全く成果は出せなくなっている。


 

今までのインターネットでの情報発信は、企業や発信者の主観でも検索上位に上がれば収益になりました。

 

企業側が一方的に伝えたいことをお客様に投げかければ売れたのが従来のSEOの考え方です。

 

とにかく検索1位になればいいという考え方ですね。

 

この考え方は未だに根強く企業や個人の中にあり、アクセスや数さえ増えればお客はついてくると思っています。

 

今の時代は、一方通行の情報発信では集客はできなくなっています。

 

10万から30万アクセスあってもキャンペーンに数人しか応募がないサイトから相談を受けましたが、お客様が欲しい情報からかけ離れているので、アクセスが多くても集客に繋がらないのです。

 


売り手の主観での発信はお客様にとって有害な情報になり得る場合もある。


 

売り手の主観の情報は時によってはお客様に有害な情報になる場合もあります。

 

それは、Facebookでメルマガ集めやLINE@集めの告知をしまくる、詐欺ビジネスや、トンデモ医学や、エセスピリチャルや在り方しか言わないセラピスト系の人などもそれってお前の主観やんという情報が多く、否定、批判をする人も、根拠がそもそも主観なので話にならない人が多いです。

 

ですが、こういった主観の場合は言葉の力というのが強い場合があります。

 

心が弱く、自分がない人は、その様な売り手の一方的な主観に惑わされ、洗脳されていきます。

 

ネットってそういったフェイクニュースが検索するとかなり出てきます。

 

本当に顧客が知りたいことがネットにあるサイトにはなく、売り手の都合によって脚色された情報が蔓延しているのが現状でもあると思います。

 

知りたいことが体験できずに、洗脳されるサイトの方が多いということは、お客様からすれば有害以外ありません。

 

しかし、この様な主観の情報は、なかなか検索上位に上がらなくなってきています。

 

その理由は、今はSEOではなくSXO(検索体験最適化)が優先されるからです。

 


SEOではなくSXOっていうけどSXOってなんなの?


 

SEOではなく、SXOはいったいどういったことなのでしょうか?

 

Search Experience Optimisation(検索体験最適化)という略です。

 

今までのSEOが、顧客が検索するキーワードを入れておけば検索されていたのですが、今重要なのことは、顧客が、検索したい内容が、そのサイトのコンテンツに入っているのか?が重要になります。

 

検索してサイトに入っていくとたまにある、いきなりページに現れ、スキップしない消えない広告や、登録を促すポップアップ表示なども検索から入ってき顧客からは非常に鬱陶しいものになります。

 

そういったサイトは容赦なく検索順位は下げられていきます。

 

つまり、顧客が、欲しい情報、知りたい情報から乖離した内容は評価されなくなるということです。

 

わかりやすく言えば、ユーザー視点がないのがSEOであり、ユーザー視点があるものがSXOです。

 


お客様のニーズから考えたコンテンツ作りをするのがSXOの考え方です。


 

現在ブログやサイトの集客がSNS頼みになって全く検索されていないブログを書いている人は、同調させる主観の記事は書けているが、お客様のニーズをわかっていません。

 

だから、自分を売るセルフブランディングに頼らざる得ないのです。

 

しかし、SXOをしっかり理解することができれば、少ないアクセスでも自分の顧客が検索で流入してくれるサイトを作ることが可能になります。

 

そのためには、お客様が欲しいもの、お客様が知りたいことを、売り手の都合で考えずに、顧客視点で考えることです。

 

自分の商品やサービスを売りたいからお客様をコントロールするのではなく、お客様が求めるものから、どう自分の商品やサービスがその問題を解決できるのか?を考えることが重要です。

 

顧客ニーズ=検索体験がSXOになります。

 

そこがズレると集客できないばかりではなく、デジタルマーケティングを行う上でビジネスとしても成立できなくなっていくことが予測されます。

 


あなたが伝えたいことではなくお客様が知りたいメッセージを伝えることが検索されるために必要です。


 

自分をアピールするキラキラ系はその実態が暴かれています。→キラキラ女子の実態その大半は困窮

 

なんちゃってインフルエンサーもすでにバレています。→インスタの偽インフルエンサーを見分ける方法

 

お客様が求めてもいないメッセージを認知やブランディングと称して一方通行的に売り手都合で発信されるアピールはお客様の為ではなく、売り手の為でしかなりません。

 

検索されない=本当の顧客がいないビジネスということです。

 

お客様が知りたいことは何?

 

お客様が欲しいものは何?

 

という視点からビジネスも考えていかないと、ただの内輪での自己満にしかなりません。

 


お客様の検索体験という視点で考えれば、記事の内容や導線をデーターから改善することができる。


 

多くの企業や、個人は、サイトのデーターをSEOの視点から考えます。

 

つまり、売り手の視点での検証しかしません。

 

SXO(検索体験最適化)の視点から考えることで、お客様がそのコンテンツに入ってきた時に、何が必要で、どの様なアクションを起こすのかなどの仮説を立てていき、検証し、改善するサイクルを明確にすることが可能になります。

 

しかしながら、売り手視点での分析をしていたり、全くデジタル分析ツールを利用していない、または、使い方がわからない企業や個人が多いので、仮説を立てて検証すらできていないのが現状です。

 


お客様の生活体験の場面の描写こそがSXOに必要なコンテンツの作り方である。


 

お客様が欲しい情報、知りたい情報を記事にすることがブログ集客では必要です。

 

そして、検索される記事を書けるということは、お客様のニーズを理解しているということになります。

 

逆を言えば、お客様を理解しない売り手は、自分アピールの記事しか書けません。

 

だから、書くことがなくなってしまうか、他者批判することしかできないのです。

 

そうではなく、お客様のライフスタイルからの悩みの場面描写、嬉しさ、楽しさの描写をいかにするかが検索体験に繋がっていきます。

 

詳しくはこちらに書いています。

 

ブログは自分のことや、思ったことセールスなどではなくお客様の悩みの場面を言語化すること
ブログは自分のことや、思ったことセールスなどではなくお客様の悩みの場面を言語化すること

 

お客様の今を言語化することで、「私のことだ!」と思ってもらえます。

 

そして、お客様が検索して本当に知りたかったこと、困っていることが記事の中にあり、その対処法や解決策がしっかり根拠とともに明記されていることが重要なのです。

 

お客様が本当に求めていることが書かれているかどうかが、Googleの検索順位にも反映されています。

 


まとめ【誇張や自分アピールの集客は終了!正直者が評価される時代です!】


 

売り手がお客様をコントロールする時代は終わりを迎えます。

 

誇張や嘘、また、売り手目線での自己アピールは検索すらされなくなっていきます。

 

SNSは、まだ、誇張や批判、自己アピールの温床ではありますが、その様な集客はもうすぐ見向きもされなくなるでしょう。

 

なぜなら、それは本当にお客様の為にならないからです。

 

ビジネスは、売り手が笑う前に、お客様を喜ばせる必要があります。

 

あなたのビジネスはどんなお客様を喜ばすことができますか?

 

あなた都合の視点でビジネスをやっていると取り残されていく時代になっています。

 

本当のお客様目線を養って、あなたを必要としてくれる本当のお客様に信用、信頼されるサイトを作ってくださいね。

 


▶︎書き方の流れがわかるサンプル記事プレゼント中!



▶︎2時間のスポットコンサルはこちら



▶︎結果を実感できる定期コンサルティング各種



店舗ブログ・スタッフ(社員)ブログのコンサルティング

毎週1記事作成する法人様向けコンサルティング


第1位

第2位

第3位


follow us in feedly

▶︎マーケティングについての関連記事


マーケティングについての関連記事
マーケティングについての関連記事

▶︎真のブログマーケティングが学べるメルマガはこちら


ニュースレターに登録
ブログの書き方から、最新マーケティングの情報、SEOの知識まで集客に関連するブログでは話さない内容を3日に1回ペースでお送りします。
Email *
First Name
Last Name
* 必須項目