· 

アメブロコンサルが良く言う【地名×業種】をタイトルに入れても検索されない理由

   

 

こんにちは。

 

うちだ広大です。

 

アメブロでブログを書いて集客したい!と考えている人は多いのですが、結局、FacebookなどのSNSにシェアしてアクセスアップをしないと読まれない。

 

ブログが検索されているけど、自分の商品やサービスについての検索は一切ない。

 

そこで、アメブロ内でブログをやっているブログ集客のコンサルタントの記事を色々読んでみたりしてどうやって集客すればいいのか?と考える人は多いと思います。

 

あの人は有名だから言っていることは正しいんじゃないか?

 

お客様の声や、他のブログで絶賛されている!

 

そのように自分の考えではなく、調べもせずに、他人の評価や、その人が発信するお客様の声で内容を精査せずに「正しい情報」と決めつけていませんか?

 

そして、その情報を鵜呑みにしても一向に検索されないどころか集客できない。

 

このようなアメブロユーザーは非常に多いように感じます。

 

そんなアメブロコンサルの大御所までもがよく言っているのが「地名×業種」をタイトルに入れましょう!です。

 

これって、そのタイトルで検索されても集客できない人の方が多かったりします。

 

半分正解で、半分は間違いです。

 

そこに嘘を交えてさも検索が必ずされるかのように見せるからタチが悪いのですよね。

 

このブログを読んでくれているアメブロユーザーさんには正しい知識を知ってほしいと思います。

 

この記事では、なぜアメブロコンサルが言う「地名×業種」をタイトルに入れても検索されないのか?

 

と言う理由と、アメブロコンサルが語る根拠は実は嘘だと言うことを明かしていきたいと思います。

 


地名と業種を入れても検索上位でも集客できない理由はお客様が知らない業種だから。


 

ブログサイトタイトルに地名と業種を入れたらアメブロでも検索されるものもあります。

 

その理由は、大した認知がない業種だったり、ニーズの弱い業種だったりするからです。

 

特にアメブロやSNSを中心に起業する人は、その外を見ようとせずに起業します。

 

その理由は、講師やコンサルがアメブロやSNSの世界でしか活躍できないからです。

 

 

つまり検索する人がいないのです。

 

Google1ページ目です(どや)ってアメブロコンサルが画像付きで言っていますが、検索する人がさほどいないようなキーワードで1位を取ってもアクセスは愚かコンバージョン(成約率)は低いです。

 

お客様が知らない業種で検索1位になったとしても検索する人って同業者くらいでしょう。

 

これとは逆に地名×業種を入れても検索されない場合があります。

 

 


地名×業種を入れても検索上位にならない理由はライバルが多すぎるから。


 

アメブロは基本的にはSEOに弱いです。

 

そのアメブロで、ライバルが多い検索キーワードでGoogleに上位検索されることはほぼありません。

 

試しにアメブロ検索で「町田 エステサロン」で検索をかけるとアメブロには12くらいのサロンブログがありました。

 

アメブロ検索 町田エステサロンスクリーンショット
アメブロ検索 町田エステサロンスクリーンショット

 

一方、検索エンジンで検索してみました。

 

アメブロのブログは1位から10位までに一つもありません。

 

町田エステサロンで検索した結果のスクリーンショット
町田エステサロンで検索した結果のスクリーンショット

 

この結果はシークレットモードで検索しています。

 

アメブロコンサルはシークレットモードで検索結果を見せません。

 

つまり、これが真実です。

 

検索結果はシークレットモードなどで見せないと正しい結果は表示できません。

 

そこを知らないアメブロユーザーの無知をアメブロコンサルは知っているのです。(もしかしたらこの事実を知らないアメブロコンサルも多いかもしれませんが)

 

ライバルが多いキーワードでは検索されることはほぼありません。

 


アメブロコンサルは検索されるようになるノウハウは一切持っていない


 

アメブロコンサルがやっていることは、ライバルのいない業種で、検索上位になった!と見せかけて自分のセミナーやDVDなどを売るというビジネスモデルです。

 

だから、その時にブームになってたまたまちょっと売れた業種とコラボセミナーをしては教室ビジネスの集客法!とかやっているのです。

 

2年か3年くらいしか持ちませんし、ライバル増えた瞬間終わります。

 

以前流行ったグルーデコって知っていますか?

 

あれは今やっている人はほとんどいません。

 

私は当時から集客は無理だから違うことをしましょう!と言っていました。

 

それか動画で作り方を無料で教えて、教材と、パーツを売れと言っていました。

 

多分その人やってないと思いますが、やっていたら一気に売り抜けていたと思います。

 

しかし、アメブロコンサルはそこを見ずに集客できる!と言い切ります。

 

お客様が知らない趣味の領域が百貨店ポップアップショップやったところで百貨店は25%利益を持って行くのですから利益も売上もさほど取れません。

 

年間1億売るポップアップショップでも年間300万ほどの利益しかないというのはよく聞きます。

 

そこまで知っていてコンサルができているのか?という話ですよね。

 

お客様が知らないビジネスってブランディングや、認知に時間とお金がかかるのです。

 

また、演繹的な視点がないと拡散は無理です。

 

結局内輪で終了します。

 

そこでしか勝負ができないアメブロコンサルってどうなんでしょうか?

 


店舗ビジネスでアメブロは致命的です。


 

サービスでも同じなのですが、特に店舗ビジネスでアメブロをやる利点は一切ありません。

 

教室ビジネスもリトミックなど最近多いようですが、リトミック自体がライバル少ない業種だからまだアメブロでも検索されるだけです。

 

そもそも意識高い系の業種だと思うので、集客しづらい業種です。

 

金額も3000円などカルチャースクールなどで展開する金額でそこで稼いで生計を立てるのは至難の技です。

 

 

整骨院やアパレル、エステサロン、マツエク、ネイルサロンなどもありますが、アメブロでやっている限りは集客できないと思ってください。

 

検索されないブログってSNSで拡散するしかありません。

 

しかし、SNSって不特定多数に発信する媒体です。

 

インスタを一生懸命やっても集客できない人が多いのも不特定多数に発信していることに気づいてないからです。

 

インスタの集客はこちらを参照

 

インスタグラムで一生懸命商品アップしても売れない!インスタグラムから集客する為に必要なこと
インスタグラムで一生懸命商品アップしても売れない!インスタグラムから集客する為に必要なこと

ブログは検索されることにより特定者が入って来ます。


 

インターネットが成約率が高いと言われる理由は、検索する人が入ってくるからです。

 

検索するということはお客様が探していることや、知りたいことです。

 

つまり欲しい情報を求めている人=「特定者」なんです。

 

あなたのビジネスに興味を持った人が検索するのです。

 

検索されないアメブロは興味を持ってもらうために、自分売りが始まってしまいます。

 

だからアメブロ集客ノウハウは、自撮りをして自分アピールのキラキラ系が多いのです。

 

お客様が知りたい情報、お客様の役に立つ情報を発信することで検索されるブログになりますが、今のアメブロではそれは無理なのです。

 


アメブロで集客する為に考えることとは?


 

店舗ビジネスはGoogleマイビジネスに登録し、そこでしっかり記事を書いていくことも一つの手です。

 

それ以外のサービス系はアメブロ内に自分のお客様がいるかどうかをしっかりリサーチしましょう。

 

どんなお客様が自分のお客様になり得るのかをしっかり見極めるのです。

 

そのリサーチを怠ると集客はできません。

 

自分アピールで引っかかる人を探すのではなく、まずは自分のビジネスのお客様はどんなお客様かを「知る」ことです。

 

自分のお客様を知り、そのお客様が知りたいことを記事にしていくことです。

 

それで戦えばアメブロでも十分集客できます。

 

アメブロで集客したければ、あなたができることではなく、まずは自分のお客様のことから考えましょう。

 


▶︎ブログ集客講座が6月20日に東京・6月15日大阪で開催されます!



▶︎書き方の流れがわかるサンプル記事プレゼント中!



▶︎2時間のスポットコンサルはこちら



▶︎結果を実感できる定期コンサルティング各種



店舗ブログ・スタッフ(社員)ブログのコンサルティング

毎週1記事作成する法人様向けコンサルティング


第1位

第2位

第3位


follow us in feedly

▶︎アメブロ集客



▶︎真のブログマーケティングが学べるメルマガはこちら


ニュースレターに登録
ブログの書き方から、最新マーケティングの情報、SEOの知識まで集客に関連するブログでは話さない内容を3日に1回ペースでお送りします。
Email *
First Name
Last Name
* 必須項目