· 

社員ブログの更新頻度がなかなか上がらない時に見直して欲しい3つのポイント

   

 

こんにちは。

 

うちだ広大です。

 

チームでオウンドメディアを運営したり、広報活動として、社員さんがブログをやっている企業様は多いと思います。

 

そこでは、多くの方がこんな悩みを抱えているのではないでしょうか?

 

会社でブランディングや集客の一環でブログを書くことになって、会社の商品やサービスを知っていただくことや、自社の活動を知っていただくことを目的にブログを始めた。

 

最初にうちは、商品やサービスを紹介したり、自社が行う活動を報告したりと、ブログを書いて見たら、周りの社員からの評判もあって楽しくモチベーションは高かった。

 

でも....

 

3ヶ月過ぎても、肝心のお客様の反応が全くなく、アクセスもさほど伸びていない。

 

書くことも毎回同じような紹介ばかりで、何を書けばいいのかわからない。

 

広報は更新頻度をあげて、アクセスを上げていきましょう!としか言わない。

 

更新頻度を上げろと言っても何を書けばいいのかわからないからモチベーションは全く上がらない。

 

ネットでアクセスアップの方法などを調べても肝心の書くことがない。

 

会社は書けと言うけど、なかなか書けないことで、モチベーションが全く上がらず、いつしか更新がストップしてしまう。

 

企業ブログでは、このような問題は必ず起こってきます。

 

会社では書くことを教えてくれないですし、お客様が必要とするブログ記事はどんな記事なのか?を教えてはくれません。

 

社員やチームの更新頻度が上がらないときに見直してほしいポイントは3つあります。

 

これからその3つのポイントを解説していきたいと思います。

 


ブログの目的を社員がしっかり理解していますか?


 

社員のモチベーションが下がって、ブログの更新頻度が下がってしまう理由の一つには、会社が求めるブログの目的を社員が理解できていないと理由が大きいです。

 

「何のためにブログをやるのか?」

 

ここを単に集客とかブランディングとしか考えていない場合は確実に結果の出ないブログになります。

 

チームでコンテンツマーケティングを行う場合は、まずは意思統一をしっかりさせることが重要です。

 

その意思統一ができていないから、ブログが書けずに止まってしまう人が続出するのです。

 

まずは、しっかりブログを書く意図を明確に決めましょう。

 

その際に気をつけてほしいことは、会社のメリットのみで考えないと言うことです。

 

お客様がブログを読んでどう感じてほしいか?をしっかり意識した上で、「何のために?」を考えてください。

 


どんな人へ何を伝えるのか?の意思統一はできていますか?


 

ブログを書いていても、チームや社員のそれぞれが書く内容がバラバラになってしまうと、思ったような成果は出ません。

 

どんな人へ何を伝えるのか?

 

ここを明確にし、しっかり意思統一をしないとブログを書く意味もなくなってしまいます。

 

最初に設定する「ブログの目的」を踏まえて、どんな人に何を伝えるの?をしっかり決めていきましょう。

 

そして、ブログを書く全ての人に浸透させましょう。

 

漠然としたターゲット像でブログを書かせていたり、コンテンツマーケティングを行っていませんか?

 

漠然と目的や、漠然としたターゲット像では社員さんやチームでブログの更新頻度が下がってしまうのは当然です。

 

とりあえずターゲットに向けて書け!ではなく、しっかり目的と、誰に、何を?と言う意思統一を図りましょう。

 


売り手目線の発信ではなく、お客様が必要とする情報は何か?と言う目線で記事を書くこと。


 

企業ブログやコンテンツマーケティングで全く成果を出なくやめてしまう原因は、会社がどんな人へ、何を伝えるのか?と言う部分が売り手目線になっているからです。

 

売り手目線の発信になってしまうと、商品やサービス紹介や、いかに素晴らしいか?などの発信になってしまいます。

 

あなたの会社のお客様は、あなたの会社から発信される一方的な商品やサービスの売り手が言う良さを求めているのでしょうか?

 

お客様は、自分が体験した時にどんな良さを感じるのか?が知りたいでしょうし、お客様が知りたい情報って、あなたの会社の商品やサービスの情報ではありません。

 

売り手は集客や、ブランディングの為にブログを書くや、コンテンツマーケティングを行う!と考えますが、お客様からしたらそんなことは「知らんがな」なんですよね。

 

ブログやコンテンツは誰のためにあるのか?

 

何の役に立つのか?

 

をもう一度考えることが必要です。

 

その発信は本当にお客様が求めていますか?

 

本当にお客様が悩んでいることでしょうか?

 

売り手が考えるお客様の悩みを扱うからお客様との距離がどんどん遠くなるのです。

 


【まとめ】企業が行うブログは最初の設定を間違えると諸刃の剣です。しっかりお客様目線で運営しましょう!


 

お客様が求めていない情報を発信してもお客様は見向きもしてくれません。

 

ブログは結果が出るまでに時間はかかるツールではありますが、しっかりお客様と向き合っていけばお客様の信用・信頼を圧倒的に得られるツールです。

 

売り手目線のブログをやってしまうとお客様からはセールスしていると思われて嫌われます。

 

多くのブログは売り手目線になってしまうので、書くことが同じになり、お客様に必要のない情報を一方的に発信し続けるのです。

 

だから何の成果も実感できずに社員のモチベーションも上がらない結果となってしまいます。

 

企業ブログやチームで作って行く場合は、上記の3つの意思統一をしっかり行うことで、お客様が喜び、感謝するメディアにしてくことができます。

 

社員さんのモチベーションが上がらずに更新頻度が低い場合は、まずは最初のブログの設計から見直していきましょう!

 


▶︎ブログやメディアの課題診断からペルソナ再設計なども行う企業ブログ・スタッフブログコンサルティングはこちら



▶︎書き方の流れがわかるサンプル記事プレゼント中!



▶︎2時間のスポットコンサルはこちら



▶︎結果を実感できる定期コンサルティング各種



店舗ブログ・スタッフ(社員)ブログのコンサルティング

毎週1記事作成する法人様向けコンサルティング


第1位

第2位

第3位


follow us in feedly

▶︎企業ブログ活用



▶︎真のブログマーケティングが学べるメルマガはこちら


ニュースレターに登録
ブログの書き方から、最新マーケティングの情報、SEOの知識まで集客に関連するブログでは話さない内容を3日に1回ペースでお送りします。
Email *
First Name
Last Name
* 必須項目