· 

ペルソナ像を作っても集客できないのは売り手都合だから

   

 

こんにちは。

 

うちだ広大です。

 

セールスする場合や、ブログを書く場合に、よく「ペルソナ像」を作れ!と言われることはありませんか?

 

たった一人の1人称に絞り込んで記事を書きなさい。

 

ブログは手紙だからというコンサルタントは非常に多いです。

 

そして、そのためにはターゲットを絞り込めと教えられているはずです。

 

それを鵜呑みにしてきたから、あなたはターゲットの絞って、自分に都合の良いペルソナ像を作ってしまっているために、逆に悩みが増えてしまっています。

 

コンサルタントや、ネットに溢れる情報の通りに、ペルソナ像を作り、ターゲットを絞ってしまってあなたはこのような悩みを感じていませんか?

 

何を書けばいいのかわからない。

 

書き方がわからない。

 

ブログのネタがない。

など。

 

ペルソナ像を作り、ターゲットを絞ると集客できるようになるはずなのになぜこのような悩みが出て来るのでしょうか?

 

あなたの商品やサービスを必ず買ってくれる前提でペルソナ設定していませんか?

 

ペルソナを作りましょう!というコンサルタントも、なぜか、あなたが販売する商品やサービスが最初から売れる前提での話をしています。

 

商品、サービスありきで、お客様が後なのです。

 

商品やサービスを先で考えていくと、「どのように売るか?」「誰に売るか?」がテーマになります。

 

これがテーマになった瞬間押し売りが始まってしまうのです。

 

自分の商品やサービスを買ってくれるというお客様をあなたの都合で作り上げているのです。

 

自分の都合の良い、必ず買うお客様なんで、もちろん存在しません。

 

あなたが最初から何屋か知っている人っていませんよね?

 

多くの人は、お客様は自分が何屋か知っている程でブログを書いています。

 

知りませんよ。

 

あなたのこと。

 

知らない人に、あなたの商品やサービスを知っていただくのです。

 

 

商品やサービスが先ではなくお客様が先です!

 

あなたの商品やサービスを知ってもらえれば売れる人ってどんな人でしょうか?

そこから探っていくのです。

 

つまり、お客様の悩みや困りごとから探っていく、ペルソナ像に関する情報を収集しなくていけません。

 

ペルソナ像があなたの商品やサービスを必要とするニーズを探り作り上げないと意味がないのです。

 

そこを探るリサーチが必要です。

 

それをせずに、売り手の都合で、売り手が売りたい人を勝手に作り上げ、ターゲットを絞り込むからズレて行くんです。

 

主観で考えずに、客観的視点を養うこと。

 

それが、ペルソナ像を作り、たった1人に記事を書くって言う本当の意味です。

 

ペルソナ像を設定し、ターゲットを絞るにはお客様の困りごとを知ること【ペルソナ像の設定の仕方】

 

私自身も、ペルソナ像を設定していただく場合がありますが、その際にはお客様の悩みは何か?困りごとは何か?を徹底して調べていただきます。

 

店舗でやられているお客様なら、来店動機や、カスタマーカードを再確認して調べていただきます。

 

サービス業でもあなたのサービスを受けた動機は何か?をしっかり見直していただきます。

 

お客様の悩み、困りごとを徹底的にリサーチしてもらいます。

 

そして、そこから出てきた悩み、困りごとから、「どんな人」というのを明確にしていくのです。

 

その悩みを抱えた人は、どんなライフスタイルを送っているのだろうか?という視点からペルソナ像を設定していただきます。

 

集客できるブログは1記事1ペルソナ像を設定すること

 

私のブログ指導では、1記事、1ペルソナ像を設定していただきます。

 

多くのコンサルタントがターゲットを絞れ!という「年齢、性別、趣味、趣向」で絞るのではなく、お客様が今目の前で困っていることから絞り込んでいただきます。

 

例えば

腰が痛いのは悩みなのですが、その腰の痛さから今困っていることがあります。

 

その場面で困っている人のライフスタイルをペルソナ像として設定するのです。

 

そうすると、腰が痛いという場面はたくさん出てきます。

 

ただ腰が痛い人でペルソナを作ろうとするから、「40代の主婦で」「産後の腰痛で」とかになってしまうのです。

 

お客様は、その痛みから何に困っていて、その困りごとのせいでそんな暮らしをしていますか?

 

これが、集客記事を書くために必要なペルソナ像の設定の仕方です。

 

【まとめ】ネットはどんどんリアルに近づいています。

 

ネットでの集客もどんどんリアルの感覚に近づいてきていると思います。

 

自分アピール、実績アピールだけでは集客できません。

 

一瞬は売れるでしょうが続かないのですね。

 

なぜなら、思考がそこで止まってしまっているからです。

 

ネットでも、リアルでも、お客様に買っていただくことは同じです。

 

リアルで嫌われることをネットならOKではないのです。

 

あなたが売りたいものを、あなたの都合で売るのではなく、お客様は、欲しいものを買うのです。

 

お客様は、何に困っているのか?

 

どんな不安、不満があるのか?

 

そんな楽しいことを探しているのか?

 

それを探っていき記事にすることです。

 

ターゲットの絞り方ってお客様の悩みから絞るのですよ。

 

この記事に書いてあるペルソナ像の設定の仕方をすれば記事に困ることはなくなりますよ。

 

私は、その考え方と、お客様目線になる方法を教えています。

 

集客の流れがつかめる様々な業種のブログ記事サンプルプレゼント!

売れたい人の為のブログ集客講座

 

ブログ・Facebook集客個人様向けコンサルティング

店舗ブログ・スタッフ(社員)ブログのコンサルティング

毎週1記事作成する法人様向けコンサルティング


※月1か2回でなかな配信されないことで有名なメルマガ

メルマガお申込みいただいた方には、「ブログを楽しみながら集客できるマインドセット」というレポートをプレゼントいたします
ぶれない軸を作る!
お客様に愛される集客法

▶️人気記事ランキング

第1位

第2位

第3位


▶️シェア

follow us in feedly

▶️この記事に興味がある方はこちらも読んでいます!