【ビジネス観】ビジネス的視点での価値観

インターネットが普及して、様々なノウハウが毎日のようにネット上で目にします。魅力的な見せ方をし、必要だと感じさせるようなテクニックを駆使しているものの方が多いようにも感じます。

こんにちは。 うちだ 広大です。 スマホが普及し、インターネットが身近になった今ですが、私たちは、誰かの評価を気にしていたり、他人の評価によって決断する場合が日常の中に多々あります。 学校でも、先生や学校の決まった評価を親が見て子供に叱咤する。 自分の子供なんだったら親がちゃんと知っているはずなんだけどね。 子供良さって。...

映画ドラえもんのび太の宝島が大ヒット!そのヒットの理由をブログ集客の観点から考察しました。

起業して売ることばかりを考えてしまうと、集客に苦しむことになる人は結構多いです。ビジネスは売ることが大事ではなく、資産を増やすことがとても大切になります。

こんにちは。 うちだ広大です。 最近人気の「米津玄師」というアーティストをご存知でしょうか? TVドラマアンナチュラルの主題歌を歌っていた方なのですが、その主題歌「Lemon」で、歌が売れないと言われる中、ダウンロードとCDで合わせてミリオンを突破したそうです。...

エキテンや食べログ、アマゾンなどのレビューには自作自演が存在する。かつてバイク王も自作自演サイトを作り顧客の信頼を失った。口コミサイトも同じように情報操作が簡単に可能である。お客様の信頼は、お客様のことをしっかり考えた情報発信にあると思う。

スピリチャルをビジネスにする人の中に、自称〇〇の生まれ変わりと称する人がいます。そこに群がりありがたやーとやっている人は情弱以外いないと思うのですが、言ったもん勝ちのスピリチャルビジネスを詐欺的構図から考えてみました。

高く売るにはやり方があり、ただ売り手の都合で価格を上げるのではありません。巷に溢れる「お金のブロックがかかっている」そのウソについて書いています。

集客で苦戦する人は、集客をすることが最終テーマになってしまいます。 だからテクニックや、ツールなど、「どうやって売るか?」という振り向かせる行為から抜けられないのです。目的を変えれば手段も変わります。

Twitterやネットで炎上した、「あたしおかあさんだから」の歌詞。 この歌はなぜ炎上したのでしょうか? その炎上の理由を考察しました。

さらに表示する