· 

キングオブコント優勝「ハナコ」の場面描写から見る「あるあるネタ」の視点

   

 

こんにちは。

 

うちだ広大です。

 

9月22日にキングオブコント2018が放送されました。

 

そこで観た優勝した「ハナコ」のネタにブログ集客に通じる大切なことがありました。

 

私は、ブログ集客で一番大切なことは、「場面の描写」が大切だとお客様に言っています。

 

このブログでもよく場面描写が出てきます。

 

集客するためには「お客様の場面の描写」が必要なのです。

 

それは簡単に言えば「あるある」です。

 

その「あるある」の視点を多くの人は自分の事から考えます。

 

そこが集客できない原因でもあるのです。

 

そこで、「ハナコ」のコントから考えるお客様目線を解説していきたいと思います。


ジョンのコントから観る相手の感情を描写するということ


 

このコントを観た時に、もちろん斬新で面白かったのですが、あっ!だから優勝したんだ!というのがすぐにわかるような気がしました。

 

それは、「あるある」が出来事にフォーカスするのではなく、感情にフォーカスしていたからです。

 

犬のジョンの気持ちを描写する。

 

犬がする行動に描写する人は多いと思うのですが、行動や出来事を脚色し面白、おかしく笑いにするのではなく、犬の感情をそのまま描写したからこそ、観るがわに伝わった面白さがあったのではないかと思います。

 

youtubeのコメントでも「自分のわんこと行動一緒すぎて笑った笑」「うちもワンコ飼ってるし、同じ行動するからこんな風に思ってるんかなぁーって思いながら観ちゃった(笑)」

 

「半年前に亡くなった犬を思い出して泣きそうになるくらい犬だった」など、また、「誰も傷つけないからいい!」というような感想が入っていました。

 

相手の感情を描写するからこそ、そこに笑い、悲しみなど喜怒哀楽が生まれるのでないでしょうか。

 


場面を描写し、犬の感情を演繹することで共感を得ることが出てきている


このハナコのコントは、この感情の場面の描写から、さらに演繹法を用いて、こうではないか?という論理の展開でもあるのではなないかと考えます。

犬の感情が出る場面を描写し、その時は、このようにしゃべっているのではないか?と演繹していくのです。

 

それによって、より面白く笑いに繋がっているのだと思います。

 

これはブログ集客も同じなのです。

 


お客様の感情の場面を描写することはお客様を知ること


多くの人はブログでお客さんを共感させようとして、自分が体験した出来事や自己開示をしていきます。

 

それによって自分と同じ体験をした人を探しているのです。

 

だから集客に行き詰まる人が多いのです。

 

そうではなく、お客様の感情にフォーカスしてその場面を描写するのです。

 

そのためには、お客様のことをしっかり観察する必要があります。

 

お客様のことを観察せずに、知ろうとしないから、自分の体験談から共感させようと、振り向かせようとするのです。

 

それをすれば必ず否定が生まれます。

 

あなたと同じ体験していない人はダメだって言っているようもので、自分の体験を押し付けることになっていますよね。

 

あなたの体験や出来事ではないのです。

 

自分のことを書いている日記であればいいのですが、お客様に向けて書いているのであれば、お客様のことを書かないと。

 

あなたの主観はどうでもいいです。

 


お客様の感情を描写するからライバルは存在せずに検索されるブログになる


感情を描写する場合は、お客様がどう感じているのか?ということを演繹から探っていくのです。

 

そして、その場面を描写は、あなたのお客様の感情を扱うのです。

 

そこにはライバルって存在しません。

 

ここで間違って欲しくないことは、感情を操作するのではないということです。

 

詐欺師って不安を煽ったり、仮想敵を作って同調者を集めていますよね。

 

そんな感情操作ではありません。

 

お客様が抱えている「感情」にあなた自身が共感することです。

 

あなたの共感がお客様の信用・信頼を生み出すのです。

 

そして、お客様が今目の前で感じている「感情」を扱うからこそ、検索されるようになります。


【まとめ】


お客様の悩みからどのように感じているのか?

 

感情を探ることこそがお客様目線のブログ集客の方法です。

 

ブログは相手を共感させようとすから集客できるのではありません。

 

キングオブコントで観た、ハナコのコントで、改めて、お客様の何にフォーカスし、お客様の視点に立つ大切さを実感しました。

 

どの視点に立つかで表現って大きく変わります。

 

また、それを観るも人の感じ方も大きく変わっていきます。

 

自分のことばかりの人は、自分のことを相手に押し付けます。

 

自分がやっているからそれを勧める。

 

自分が良いと思ったからそれを勧める。

 

それが口コミだと言われればそうなのかもしれませんが、そうなってしまうと、声が大きい人が正義になってしまいます。

 

それで集客を目指すのではなく、お客様に向けて、お客様の為の発信をすれば勝手に選ばれるようになっていきますよ。

 

そのためには、お客様の感情を知ること。

 

どんな時に何を感じているのかを知ることです。

 

そうすることで、集客ってもっと簡単になりますよ。

 

私のコンサルティングは、マーケティングの基礎から、演繹法や帰納法を用いたビジネス構築なども取り入れ、サイトの根本から見直しさせていただきます。

 

時流にあったご提案とブログ記事を書いて勝手にお客様が集まるサイト構築を目指していただきます。

 

起業向けのコンサルは早い者勝ちです。

▶︎個人向けコンサルティングはこちら


▶︎書き方の流れがわかるサンプル記事プレゼント中!



▶︎2時間のスポットコンサルはこちら



▶︎結果を実感できる企業向けコンサルティング各種



店舗ブログ・スタッフ(社員)ブログのコンサルティング

毎週1記事作成する法人様向けコンサルティング



▶︎人気記事ランキング


第1位

第2位

第3位


follow us in feedly

▶︎ブログ集客のコツ関連記事



▶︎真のブログマーケティングはこちら


ニュースレターに登録
ブログの書き方から、最新マーケティングの情報、SEOの知識まで集客に関連するブログでは話さない内容を月に1回ペースでお送りします。
Email *
First Name
Last Name
* 必須項目