· 

検索する人の意図を売り手が理解することでピンポイントの集客が可能になる

   

 

こんにちは。

 

うちだ広大です。

 

ブログから集客したいと考えて、ブログを始めている人は非常に多いと思います。

 

教える側の人のブログ自体が検索されずにSNSに依存していることも多々あります。

 

ブログを書いてはいるけどなかなか検索されない。

 

検索はされるけど、自分のビジネスに繋がらない記事ばかりが検索されている。

 

知り合いや同業者やコミュニティーの仲間にしか読まれない。

 

Facebookも過疎って来たし....

 

反応が鈍い。

 

このよう状況で悩む人は非常に多いと思います。

 

ブログは検索をしっかりされるようになることで、自動的な集客が可能になります。

 

ブログ集客を簡単にするためには何が必要なのでしょうか?

 


検索されるキーワードは何か意識して記事を書いていますか?


 

ブログからなかなか集客できない人は、自分が書きたい記事を書きます。

 

自分が書きたい記事と、お客様が知りたい記事って全く違います。

 

お客様が知りたい記事ってなに?と言うと、検索することが知りたいことです。

 

なので、検索するキーワードはどんなキーワードなのだろう?と書きたい記事を書く前に、先に、お客様が検索するであろうキーワードからリサーチするのです。

 

お客様がどんな言葉で検索するのか?

 

そこを先にリサーチしてから何を書けばいいのかを決めていきます。

 

このリサーチをしないと、お客様を無視したブログになってしまいます。

 

自分が書きたいことってなかなか検索されないんです。

 

あなたのお店やあなたが展開するサービス自体のネームバリューがある場合は、あなたの想いを書くだけで集客できると思いますが、もともと集客できていない人がブログを書く場合は、そのやり方でやってもSNSありきのブログアクセスになってしまいます。

 

逆に、お客様が知りたいことを記事にしていくことで、勝手にお客様はあなたのブログに訪れます。

 

ブログに何を書けばいいのかわからない!と言う人は、まずはあなたのお客様は何を知りたいのだろう?と言う部分を考えましょう。

 


お客様はなぜそのことを知りたいのか?と言う検索意図を考えて記事を書けば一つの悩みで複数の記事を書くことができる


 

お客様はなぜその言葉で検索をするのでしょうか?

 

その検索意図はお客様によって様々です。

 

例えば、肩こりという悩みがあります。

 

多くの治療院のブログやサイトでは「肩こりでお悩みの方へ」とタイトルがなっている場合が多いです。

 

しかし、肩こりで検索する人の意図は肩こりの悩みが検索意図ではありません。

 

「肩こりを解消したい」という意図だったり、「肩こりの対処法」を知りたいという意図だったり、「肩こりの原因」を知りたいことだったりと、検索する人の意図は様々なんですね。

 

つまり、この共起語を考えて記事を書くと、肩こりという一つのキーワードでも沢山記事を書くことができます。

 

肩こりになっている人は何を知りたいのだろう?という視点です。

 

この肩こり〇〇と続く言葉を「共起語」と言います。

 

この共起語に沿った内容の記事が書かれているかどうかが重要なんです。

 

ここがずれていくと記事を読んでも自分が知りたいこととは違う!という不満を与えてしまいます。

 

もし、あなたのブログの滞在時間が1分以下だったとしたらブログの内容とお客様が知りたいことが違うということです。

 

検索するお客様の意図は何だろう?ということをしっかり考えて記事を書きましょう。

 


大きなアクセスを狙うより一人のお客様がしっかり納得する記事を書くほうが成約率は上がります。


 

アクセス数至上主義はもう終わっていると私は考えています。

 

大量のアクセスって集客に必要ありません。

 

どれだけ濃いアクセスを獲得するか?の方が大事です。

 

とにかく話題のことをブログにし価値観を発信しろ!なんてブログ塾などで言われると思いますが、あなたのお客様ってあなたの価値観や話題の話って知りたいでしょうか?

 

そこを一生懸命やるからお客様が不在になるのです。

 

お客様は自分の悩みについて知りたいのです。

 

お客様は自分の嬉しさ、楽しさについて知りたいのです。

 

あなたのことを知りたいのではありません。

 

お客様が知りたいことをしっかり記事にしていくからそこに信用・信頼が生まれます。

 

あなたと言う人が先ではありません。

 

お客様に向けたお客様が知りたいコンテンツが先なんです。

 

そのあとに人なんですね。

そこを間違ってビジネスをやってしまうから集客できない、長く続かないとなってしまうのです。

 

お客様を説得する自分の為のブログではなく、お客様が納得するお客様の為のブログを書きましょう!

 


【まとめ】検索されるブログを書く為にはお客様が何で検索されるのか?そしてなぜ検索するのかを考えよう!


 

検索されるブログを書くことにテクニックなんて必要ありません。

 

顧客目線になれば勝手に検索されるようになるのです。

 

その為にはお客様をしっかり見るこことです。

 

お客様が何を知りたいのかをしっかり探っていくことです。

 

これは日々の中でその視点を持ち続けることで可能になります。

 

あなたがお客様へ向けてブログが書けないと言うことは、あなた自身が日常からお客様の気持ちをしっかり受けてめていないと言う証拠です。

 

今よりお客様の気持ちを考えるようにするだけであなたのビジネスって大きく飛躍するんですよ。

 

ブログから集客したい!

 

サイト設計を見直したい。

 

自分のビジネスはこれでいいのか?など疑問をお持ちの方はまずはスポットコンサルをお受けください。

 

1対1でのスポットコンサルはこちら(10月からスポットコンサルを3万に値上げする予定です)

集客にお困りの方のための対面・ZOOMスポットコンサルティング

 


▶︎書き方の流れがわかるサンプル記事プレゼント中!



▶︎2時間のスポットコンサルはこちら



▶︎結果を実感できる定期コンサルティング各種



店舗ブログ・スタッフ(社員)ブログのコンサルティング

毎週1記事作成する法人様向けコンサルティング



▶︎オススメ記事

感動をありがとう2

 

 

▶︎人気記事ランキング

第1位

第2位

第3位


follow us in feedly

▶︎ブログ集客について書かれた記事特集


ブログ集客のコツ
ブログ集客のコツ

▶︎真のブログマーケティングが学べるメルマガはこちら


ニュースレターに登録
ブログの書き方から、最新マーケティングの情報、SEOの知識まで集客に関連するブログでは話さない内容を3日に1回ペースでお送りします。
Email *
First Name
Last Name
* 必須項目