· 

告知をブログやネットだけでいいと思ってない?アナログな告知方法を見直すだけでも集客できると思うよって話

   

 

こんにちは。

 

うちだ広大です。

 

店舗集客のご相談なども結構あるのですが、飲食ではなく物販系のほとんどの方はお店に入って来てもすぐに出ていってしまうから来店=購入になかなか繋がらずに新規客確保が難しいです。

 

と言われるオーナーさんが非常に多いです。

 

その多くは、ブログや、インスタ、facebookなどを中心に新規客を集客していきたい!と考えてご相談される場合がほとんどです。

 

新規オープンで全く来店がない場合は認知活動がまずは必要だと思いますが、すでにお店をされている方はブログやネット集客ばかりに目がいきすぎて「アナログ手法」なども忘れている場合が多いです。

 

立て看板をただ置いているだけの飾りになっていませんか?

 

看板ってなんの為にあるのかをもう一度考えてみてください。

 

看板ってあなたのお店の存在を知らしめる為ですよね?

 

ということは看板を見る方はあなたのお店の名前を知らないのは当然なんですよ。

 

お店の看板をただお店の名前だけとかにしていませんか?

 

店内の画像や、どんな商品があるのかの画像や、あなたのお店のことを知らせるチラシなどを置いてもいいのではないでしょうか?

 

私がお店(セレクトショップ)をしていた時は、雑居ビルの4階でしたが、自分で撮って作成した価格帯スタイリングブックを看板にぶら下げたり、店内画像や、シーズンテーマの紹介などもしていました。

 

ネットも大切ですが、あなたのお店の前を歩く人の方がもっともお店に来てくれるかもしれない存在だと思いませんか?

 

そのお客様になんの告知もせずに素通りさせてしまうから、お客さんが来るたびに「最近できたお店ですか?」とか、「こんなお店があったんですね!」なんて言われてしまうのです。

 

看板もあなた視点ではなくお客様視点です。

 

あなたのお店の名前は知られてないですよ。

 

下の画像は私がやっていた告知板です。

店内写真やカタログ、営業時間などを貼り付けていました。
店内写真やカタログ、営業時間などを貼り付けていました。

 

こんな看板もどんなお店かすぐにわかりますよね!

メルマガやLINE@とかとかよりもDMに手書きメッセージを添えて出した方がお客様に伝わります

 

DMなどを送っていますか?と聞くといや、うちはメルマガ配信なんでとか、LINE@で送っているんでなんて人が結構多いです。

 

もしあなたがダイレクトマーケティングをしたければお客様一人一人にそのお客様にあった内容のメールを送ることが必要です。

 

そのような手間くらいかけないとお客様はお店に来てくれませんよ。

 

お店のお客様に送るDMは手間でもしっかり手書きのメッセージを添えることであなたの想いがちゃんと伝わります。

 

メルマガやLINEなどネット媒体でも来るのかもしれませんが、手書きの温かみって意外に伝わるものですよ。

 

私は、一人一人に個別メールマガなども送っていました。

 

購入くださった商品をちゃんとクライアントカードに記載して、新作が出たらそのお客さんにあった商品と前回買ってくれた商品との合わせのイーメージ画像などTシャツ1枚買ってくれたらそれで終わりではなく、そのTシャツが秋にはどんな合わせができて、冬にはどんな活用してなど買ってくれた商品に対して1年でどんなストーリーがあるのかをしっかり伝えていました。

 

それくらいはお客様のことを想えば当然ではないでしょうか?

 

売れば終わりって思っていませんか?

 

自作のDMに手書きで一人一人にメッセージを書いていました。

店内は手書きのPOPなどでしっかり商品説明などしていますか?

 

あなたのお店に初めて来るお客様は当然あなたのお店に置いているものを知りません。

 

知らないのに「お客がわかってくれない!」と文句や愚痴ばっかりのオーナーさんって結構多いです。

 

知らせる努力をしないからお客様は興味を示さないだけです。

 

個人店や路面店などは、そんなにお客さんでごった返すことはまずありませんよね?

 

基本入りづらいものです。

 

入ったら声かけれるのではないか?とか、セールスされるのではないか?と思っているお客様はほとんどでしょう。

 

そこに追い打ちをかけるように声をかけるのですから逃げますよね?

 

なんの関係性もないまま、入店1分くらいでいきなり声をかけられのですから。

 

店内に手書きのPOPなどで、あなたが扱う商品などを知ってもらえるようにするだけでも、読んでくれたお客様は声かけしやすくなりますよ。

 

どんな商品なのか?

 

またいくらなのか?

 

などお客様に知ってもらうためにPOPなどを活用すると接客につながる関係性を作れたりします。

 

セレクトショップ時代は私は結構手書きでPOPで商品の良さやブランドストーリーなどを書いていました。

 

それを読んだお客様が声をかけてくれたりもしました。

 

リサイクルショップ時代はこんな感じで手書きPOPをスタッフさんに作成してもらっていました。

ネットも大事ですがネットだけに偏ってもダメですよ

 

ブログやインスタやfacebookだけやっても見ていない人の方が多いのです。

 

目の前を歩くお客様に知ってもらう努力もした方がいいのではないでしょうか?

 

安っぽくなるからPOPは嫌だという方もたまにいますが、安っぽいもクソもお客さん来てないやんって思うのです。

 

あなたが5万、10万、20万以上の高級品を売っているのなら手書きPOPは必要なと思いますが、POPはお客様とのコミケーションを取れるツールの一つでもあります。

 

そのような「手間」すらかけずに時間がない!と言われる人も結構いますが、売れてないから暇なんじゃない?と思うのです。

 

もっとあなたのお客様の為にあなたの商品やサービスを知らせる手段はあると思います。

 

それらをやらずに来ないと嘆いてもお客さんはあなたのお店を知ることは一生ないでしょう。

 

お客様の為にあなたの商品をお知らせすることに「手間」をもっとかけませんか?

 

その「手間」が未来のお客様を作っていくのです。

 

これを読んでもそんなことで集客できるかって思ってどうせやらないんでしょ?

 

そうやって何もせずに「お客がわかってくれない」「お店に来てくれさえすれば売れるのに」と愚痴を言い続けるのですか?

 

これって今すぐお金をほとんどかけずにできることではないでしょうか?

 

商品紹介ばっかりやっても認知にならないですよ。

 

あなたのお店の「良さ」がそれでは伝わらないから。

 

お客様に伝えられるあなたのお店の良さって何ですか?

 

そこを伝えない限りお客様はあなたのお店で購入する「理由」がないんです。

 

だからどこでもいいのですね。

 

自分が売りたいものを自分の都合で売っているだけなのにお客さんが来ないのもあなたの都合ではないですか?

 

どんなお客様に何を伝えればいいのか?

 

もっとお客様に目を向けてみませんか?

 

コンサルティングのご相談はこちらから

※月1か2回でなかな配信されないことで有名なメルマガ

メルマガお申込みいただいた方には、「ブログを楽しみながら集客できるマインドセット」というレポートをプレゼントいたします
ぶれない軸を作る!
お客様に愛される集客法

 

 

▶️ブログカテゴリーはこちら

【集客についての記事はこちら】 

 

ブログ集客についての記事

 

告知と広告

 

Facebook集客

 

アパレル集客

 

コンサルティング事例

 

お客様の声

 

【考え方・マインド系記事はこちら】

 

信念

 

ビジネス観

 

【どーでもいー記事はこちら】

 

ライフスタイル

 

オススメ

 

全国お出かけ情報

 

集客脳を鍛える男子飯

 

 

うちだ広大って誰?

 

プロフィールはこちら

 

はじめての方はこちら

1対1セミナー9月度募集中!

シェア

follow us in feedly

www.severalmindinc.com Blog Feed

〇〇ではありませんか?と問いかけばかりのブログは読まれにくいと思う (火, 12 12月 2017)
>> 続きを読む

NHKからの取材のお話がブログ経由できました!【お客様の声】 (火, 12 12月 2017)
>> 続きを読む

ブログブランディングスクール0期生 6回目の講座 (月, 11 12月 2017)
>> 続きを読む

GLAY新曲 「あなたと生きてゆく」から学ぶ読み手にイメージさせる共感力 (日, 10 12月 2017)
>> 続きを読む

【ブログの書き方のヒント】買取店の参考記事 (土, 09 12月 2017)
>> 続きを読む

この記事に興味がある人はこんな記事も読んでいます!