· 

一人起業の折り込み広告は支持人口や適性規模などを知らなければ出さない方がいいと思うという話

   

 

こんにちは。

 

うちだ広大です。

 

最近では、1人起業の店舗ビジネスの人まで折り込み広告で集客!と謳うコンサルタントもいるようです。

 

しかも起業したばかりの無知な方をターゲットに。

 

そして、そういったコンサルタントは「支持人口」や「適性規模」さらに言えば商圏など全く無視。

 

むしろ知らないコンサルタントが折り込み広告を30万くらいのコンサル料金で指導しているからびっくりしました(私にそのお金ください)

 

以前ご相談受けてお客様は、北陸の田舎の地方でエステを開業して数ヶ月の方がアメブロを見て、広告集客のコンサルを頼んだそうです。

 

対象ターゲットは20代から30代とのこと。

 

そこでは、商圏や支持人口すら調べずに、とりあえず30万出せばお客さんが来ると言われ、キャッチコピーなどの添削でさらに10万くらい請求があったそうです。

 

結果は、次につながらない、70代以上のおばあちゃんが来たそうです。

 

私が行ったアドバイスは、人口分布図などを見た上でシニア層が圧倒的に多く、さらにシニア向けのエステはライバルが皆無でした。

 

折り込みで70代や60代が多ければ、価格の変更をかけて、来店頻度を上げるように持っていけばその地域ではすぐに1番店になれるとアドバイスをしました。

 

行ったことは、TPOSの変更と、価格の変更です。

 

これだけであとは告知をし続ければ集客できます。

 

折り込み広告って10万枚配布で制作費含めて大体30万くらいだと思いますが、1人や2人の店舗ビジネスで折り込みを出して利益を上げるというのはなかなかできるものではないですよ。

 

30万だから30万売り上げ上がれば元が取れる!なんて思っていたり、言われていたりしませんか?

 

煽りのキャッチコピーや、煽りの広告の作り方を学んでも、長く続くビジネスにはなりません。

 

30万広告費を使った場合売り上げベースで考えてやっていくと潰れますよ。

 

利益を出して、利益で広告費を支払わなければいけません。

 

売り上げから全ての経費を引くと利益がでますよね?

 

あなたのお店は、広告費を30万使うことでいくらの利益を上げないといけないのでしょうか?

 

例えば、開業したての服屋さんで月50万の売り上げでプラマイゼロ。

 

運転資金の蓄えでやっている店が30万の折り込み広告を使ったとします。

 

30万売り上げたら広告費をペイできますか?

 

服屋の場合は、大体利益が4割です。

 

30万売り上げても12万の利益なんですね。

 

つまり約3倍の90万売らないと広告費を支払うことができないんです。

 

50万でトントンのお店です。

 

利益も出てないお店が折り込みして90万売り上げてもようやく広告費を払えるようになるだけです。

 

意味わかります?

 

30万の折り込みを出したがために140万売り上げても利益がでないんですね。(ザックり計算です)

これ以前私がやってしまいました。

 

売り上げ高しか見ないから数字のマジックに気づかないのです。

 

利益が出ない広告なんて意味ありませんよね?

 

利益を出せるような広告運用をした方が良いですよ。

 

知らないなら、知りましょう!

 

無知のますよただとハイエナたちに騙されますよ~

 

私のビジネスコンサルでは、立地の考え方から広告告知のメカニズムや考え方まで教えています。

 

ビジネスコンサルに興味がある方は詳しく教えます。

 

 

 

     ※月1か2回でなかな配信されないことで有名なメルマガ

メルマガお申込みいただいた方には、「ブログを楽しみながら集客できるマインドセット」というレポートをプレゼントいたします
ぶれない軸を作る!
お客様に愛される集客法

▶️人気記事ランキング

 

  ▶️読んでほしい良記事!

シェア

follow us in feedly

www.severalmindinc.com Blog Feed

オリンピック銀メダリストに卓球を習うの巻き (金, 17 11月 2017)
>> 続きを読む

お客様に求めないことが集客できるブログを作るコツです! (木, 16 11月 2017)
>> 続きを読む

ブログ集客に必要と言われる人間性って実は優先度は低いって知ってました? (水, 15 11月 2017)
>> 続きを読む

【お客様の声】何回も書き直して整理して行く中でも、自分がやりたい事や、伝えたい事、少しずつリアルになってきました! (火, 14 11月 2017)
>> 続きを読む

あなたのお客さんって本当にアメブロの中にいるの? (月, 13 11月 2017)
>> 続きを読む