· 

お客様に「自分のことだ!」と思ってもらえる、お客様の気持ちを言語化する方法

   

こんにちは。

 

うちだ広大です。

 

ブログからなかなか集客できない人の一番多い困りごとは、

 

・書き方がわからない

・どのようにすればアクセスアップできるのか?

 

・何を書けばいいのかわからない。

がトップ3です。

 

アクセスアップのセミナーに行ったり、ブログ塾や、コンサルを受けたりしてもこの問題を解決できない場合が多いです。

 

というか、ブログ術など習っても成果の出ている人の方が少ないですよね。

 

書いても書いても反応がなければ本当にこのままブログをやっていてもいいのだろうか?と不安になります。

 

そして、ブログをやっても意味ないのではないか?

 

と思ってくるでしょう。

 

アクセスもない。

 

反応もなければ不安なものです。

 

なかなか集客できない、反応がないあなたは不安ではないですか?

 

あなたのその気持ち、私も十分にわかります。

 

なぜなら、私も以前は、半年以上日記を書いてブログから集客できない!とやっていたのですから。

 

セレクトショップで起業し、毎日お客さんがこない日々。

 

仕事といえば、お店の掃除とブログを書くこと。

 

1ヶ月の30日間のうち25日くらいお客さんが来ないなんて当たり前でした。

 

毎日減り続ける貯金。

 

本当にブログを書けばお客さんは来るのだろうか?

 

そのような不安とともに毎日書いていました。

 

今のあなたと同じです。

 

そんな記事を半年以上書き続けて、気づいたことがありました。

 

それが私が今、人様に文章や、コンサルティングをするきっかけにもなっています。

 

この記事では、その時に気づいた、ブログから集客する上で最も大切なことを公開したいと思います。


自分が伝えたいことではなくお客様が聞きたい話が先


ブログで集客できない人の多くは、お客様に向けて書いていないことの方が多いです。

 

自分が書きたいこと、伝えたいことが先になってしまっています。

 

え?伝えたいことを書かないとブログが書けないのですが?

 

と言われると思いますが、あなたが伝えたいことをそもそもお客様は知りたいのでしょうか?

 

私は服屋をやっていた時に、毎日のように新作入荷しました!と記事を書いていました。

 

誰も知らないようなブランドの服をです。

 

それを永遠やっていても知りたいとも思いませんよね。

 

というかそもそも知らないのですから読みたいとも思いません。

 

つまり、ブログを書いても集客できない人は、お客様が欲しい情報になっていないのです。

 

あなたが伝えたい、書きたい内容ではなく、お客様はあなたのビジネスに対して何が知りたいのだろう?

 

という視点をまずは持つべきです。

 

それがなければ、お客様はあなたのブログに興味すら持つことはないと思います。


ブログを書く前にどんなお客様に対して書くのかが決定していない


ブログを書いても反応の出ない人や、検索がなかなかされない人の多くは、闇雲にブログを書いている場合が多いです。

 

どんなお客様に対して書くのか?ということが決まらないまま書いてしまっています。

 

これがお客様からの反応がないブログになってしまう理由です。

 

お客様に向いていないブログは主観的であり、自分の「こうあるべき」を押し付けてしまいます。

 

そうではなく、まずは、どんなお客様があなたのビジネスに興味があるのか?

 

そして、どんなことに困っているのか?をまずは探ることから始めてください。

 

そこを決定しない限りブログはいつまで経っても何も反応はないでしょう。

 

あなたのお客様は、どんな悩みがあると思いますか?


お客様のニーズを満たすブログを書かない限り集客はおろか読まれるブログになりません!


あなたが書くブログは、お客様のニーズを満たすものとなっているのでしょうか?

 

ニーズとはお客様が知りたいことでもあり、困りごとの解決でもあります。

 

そのニーズをどのようにあなたのブログは満たしてくれるのでしょうか?

 

なかなか集客できない人のブログにはこの部分がないのです。

 

では、お客様のニーズを満たすブログとは一体どういったものなのでしょうか?

 

それは、「お客様の気持ちになって考えられたブログになっているか?」ということです。

 

お客様が今どんな気持ちでいるのか?

 

そこをあなたがブログで取り上げないと「自分のことだ!」となりません。

 

ブログは、お客様自身のことを書くことです。

 

お客様の目の前の困りごとから、お客様今どんな気持ちなのか?そこをブログに書くだけで反応あるブログを書くことができます。


お客様の気持ちを言語化するためには困りごとの場面描写や感情描写をすること


お客様の気持ちを知ることこそが、ニーズを満たすことにつながります。

 

お客様のニーズがわからない!という人が多いのですが、お客様のことを考えられないと永遠に売れないです。

 

お客様の気持ちを言語化するためには、先にお客様の困りごとを知る必要があります。

 

その困りごとがニーズになります。

 

困りごとは書いているが集客につながらないのは、お客様の気持ちを汲み取っていないからです。

 

困りごとから、気持ちを汲み取るには、

例えば、カウンセラーなら、お客様が、恋愛関係で悩んでいたとします。

 

彼と喧嘩をしてしまってLINEの既読が2日もつかずに連絡が取れないという困りごとの場面から、その時の彼女の気持ちはどんな気持ちでしょうか?

 

別れることになったらどうしよう?

 

彼は何を考えているのだろう?

 

なぜこんなに不安で苦しいのだろう?

 

どうすれば、彼は連絡をくれるのだろう?

 

など、お客様が何を考えているのかを予測し、それを記事に入れるのですね。

 

それをするだけで、お客様は「わかってくれる!」と感じてくれます。

 

他の業種でも同じです。

 

その場面から、どんな不安や不満などがあるのか?

 

それをあなたが文章にして言語化するのです。

 

実は、こんなシンプルなことです。

 

「お客様の困りごとから、お客様の気持ちを汲み取る」

 

反応の出るブログにはこの描写が必要です。

 

私のコンサルティングでは、お客様のニーズである困りごとから考えて、お客様の気持ちを汲み取っていただくことを考えたブログ構築を行っていただきます。

 

書き方などではなく、ビジネスをするにあたって最も大切な「お客様目線」をブログや文章を通して学んでいただきます。

 

関連記事

ブログ集客できない人に知って欲しいブログから集客できる為に必要なこととは?

 

▶︎ビジネスの本質がわかる

個人向けコンサルティングはこちら


▶︎本質を学べる起業塾



▶︎書き方の流れがわかるサンプル記事プレゼント中!




▶︎2時間のスポットコンサルはこちら



▶︎結果を実感できる企業向けコンサルティング各種



店舗ブログ・スタッフ(社員)ブログのコンサルティング

オウンドメディア構築・コンテンマーケティング法人様向けコンサルティング



 

 

▶︎シェア


▶︎関連記事:ブログ集客のコツ



▶︎月に1回配信されるか、されかないかのメルマガはこちら


ニュースレターに登録
ブログの書き方から、最新マーケティングの情報、SEOの知識まで集客に関連するブログでは話さない内容を月に1回ペースでお送りします。
Email *
First Name
Last Name
* 必須項目

www.severalmindinc.com Blog Feed

ブログ集客や情報発信での書き方・やり方を学んでも集客できない理由はお客様の困りごとを理解していないから (土, 23 11月 2019)
>> 続きを読む

集客の意味を間違えているとお客様は集まっても一瞬の売り上げで終わってしまいます (Wed, 06 Nov 2019)
>> 続きを読む

起業して発信することが怖い人に知って欲しい事は「自分のお客様へ向けて発信すれば批判や否定は怖くない!」 (Wed, 23 Oct 2019)
>> 続きを読む

成約率を高める検索意図を理解する為には言葉の意味を決定すること (Fri, 11 Oct 2019)
>> 続きを読む

結果ばかり見るから過程を楽しめない?過程を楽しむコツとは? (Wed, 02 Oct 2019)
>> 続きを読む