本当に自粛が正解?氣志團万博に参加して感じた支援のカタチ

   

こんにちは。

 

うちだ広大です。

 

2019年 9月14日に千葉県袖ヶ浦で行われる「氣志團」主催のフェス「氣志團万博」に参加してきました。

 

去年も行ってきたのですが、今年は、台風15号が猛威をふるい千葉県はかなり大きな被害となりました。

 

 

そんな中のフェス開催となり、様々な賛否があります。

 

ネット上では多くの批判を私も目にしました。

 

この記事を書けばもしかしたら、辛い思いをしている人には受け入れてもらえないかもしれないと少し怖い思いもあります。

 

もしかしたら、書くことで傷つけてしまう人がいるのかも知れないと思いましたが、実際に千葉へ行ってみて、氣志團万博へ参加してみて感じたことを素直に記事にしてもいいのではないかと思いました。

 

先に述べますが、私は「行ってよかった!」「開催してくれてよかった!」と心から思っています。

 

災害に対して様々な感情や思いは当然ありますし、不安や不満もありますよね。

 

しかし、私は参加したことで色々感じることがありました。


台風の被害は確かにあります


神奈川の私の自宅の近所も倉庫が飛ばされ中の商品が水浸しになっていたりもしたので、一番ひどい被害と言われる千葉県は比じゃないのはわかっていましたが、会場近くの袖ヶ浦の通りでも確かに台風の爪痕はありました。

 

すき家の看板は割れて、蛍光灯がむき出しになっていたり、屋根が飛んでいる建物などもありました。

 

また、営業再開しました!という看板を見たりと、いかに台風が猛威を振るっていたのかがわかりました。

 

まだまだ私が見えないところでは苦しんでいる人も多いと思いますが、ただ、感じたことは、スーパーなども再開していて、確実に動き出している感じはしました。


氣志團万博のバスで渋滞で支援物資が届かないは本当のなのか?駅前のローソンの店員さんも歓迎してくれた!


TwitterやYOUTUBER?などの投稿で、氣志團万博のバスで渋滞して支援物資が届いていない地域がある!という投稿を見かけました。

 

Twitterなどでは、渋滞もあるから氣志團万博へ行く人はバスに乗るな!なんて感じの投稿を見かけてバス乗らない方がいいのかな?

 

渋滞するのかな?って思いましたが、私は横浜からアクアラインでバスで行きました。

 

朝8時台のバスです。

 

一切渋滞することなくスムーズに袖ヶ浦バスターミナルまで着きました。

 

その後、袖ヶ浦駅までのバス、袖ヶ浦から会場までのバスも全く渋滞することもなかったです。

 

もしかしたら、ルートが違うバスなのかもしれませんが、Twitterや検索する限り2019年でのバス渋滞は見かけられませんでした。

 

なので、何を見て渋滞が氣志團万博のせいなのかは私にはわかりませんでした。

 

本当に様々な思いがあるのは当然で、誰が正しいというのはないとは思います。

 

コンビニは地元の人のために、氣志團万博行く人は利用するな自粛しろ!と言った話が多く、私も事前にバスに乗る前に買い物を済ませていきました。

 

が、袖ヶ浦駅に着いたら、ローソンの店員さんが、改札前にローソンはこちらです!と呼び込みしていました。

 

氣志團万博で人が沢山きてくれるので、大量に仕入れをしていると言っていました。

 

自粛されたら、その多くは廃棄になるのかもしれません。

 

自粛が果たして本当に正解なのかは私にはわかりません。

 

私は、ただ、氣志團万博へ行って、少しでも千葉でお金を使ってこれたらなぁと素直に思っただけです。


氣志團綾小路翔さんが話した言葉


氣志團万博に批判的な人は、頭を下げるからなんだ!という人も多いと思いますが、実際に開催するにあたって様々な思いはあったと思います。

 

批判されているのも当然知っているはずですし、本当に開催すべきかも迷ったのだと思います。

 

最初に、開催の決意と会場だけではなく、すべての方向へ深々と頭を下げていた、翔やん。

 

ライブアクトで語った言葉を聞いてさらに様々な思いがあったのだなぁと胸が熱くもなり、何か協力したいな!と感じさせました。

 

言葉を選びながら、そして、ときには声を詰まらせながらゆっくり語ってくれました。

 

話している内容を書き留めたので、間違った表現はあるかもしれませんが、翔やんの言葉です。

 

「ご存知の通り、故郷は台風15号で被害にあっています。

 

色んな方達と話し合いながら氣志團万博の開催を決定しました。

 

今、袖ヶ浦市も着実に毎日毎日復旧し始めたところはあるけど、まだ停電や、断水などで苦しんでいる人もいます。

 

そんな人たちがいる中氣志團万博をやることで、今色んな人たちが胸を痛めているということも聞いているし、知っている。

 

でも、俺たちならできるって思ったんです。

 

必ず誰も不快な思いさせずに、音楽を、ロックンロールを楽しめる二日間が作れるじゃないかなと思って開催しました。

 

こうして、ここに来るだけでもみんな複雑な思いを抱えてきてくれたと思うんです。

 

本当に来てくれてありがとう!

 

復興の仕方にはいろいろな方法があると思います。

 

それに正しいとか間違っているとか中々誰も判断がつき辛いことがあって、みんなの思いだから、感情的になるなって言われたけど、俺、そりゃ無理だわ!

 

ここは俺のふるさとだもん。

 

俺も感情的になるよ。

 

感情的になるから、感情的にしかなれないからロックやってます。

 

感情的にならなきゃ解決できないこともあると俺は思ってて、このやり方が正しいか悪いかというのは結果でしかないから、俺たちにしかできない方法があると信じています!

 

どうか氣志團に、綾小路翔に力を貸してください!お願いします。

 

今日、本当に怖かった。

 

誰もいないんじゃないかった。

 

何かあったら全部氣志團のせいにしてくれ!

 

ハッシュタグつけろ!

 

俺に振って。

 

こっから先は約束して、その間の思いは全部心に留めて、最高の仲間が来ています。

 

こんなときだってわかっていたのに、もしかしたら、俺たちと同じように傷つけられたかもしれないのに、でも、何にも言わずに音楽史に来てくれています。

 

みんなトコトン楽しんでいって!

 

本当におどうもありがとう!

 

氣志團万博、しっかり意味を、結果を出します!」

 

このような言葉を伝えていました。

 

Twitterや批判では、音楽では人は救えないという声がありました。

 

私は、音楽って素晴らしいものだと思いますし、このように言い切ることはとても勇気がいることです。

 

氣志團万博が終わった後も当然がら批判にさられることも覚悟をしている。

 

そんなMCでもありました。

 

15日の夜から16日かけて熱帯低気圧により、再び大雨が予想されるので千葉に住むみなさんはどうか気をつけてほしいです。

 

ただ、それが氣志團万博に関連づけられて批判の矢面になってしまうのではないかとも思います。


DA PUMPから学ぶお客様を振り向かせる力


氣志團万博は、通常のロックフェスとは違って様々なアーティストが参加します。

 

フェスでは、目当てのそれぞれ観たいアーティストは異なるので、知らない人や、興味のないアーティストも参加します。

 

その中で、いかに知ってもらえるかも大事なことだと思います。

 

DA PUMPは知ってもらい巻き込むという力が突出していたように感じました。

 

ショッピングモールから興味のない観客をファンにさせて復活してきたからこそではないかなぁと思います。

 

その場にいる人に合わせることが大切だななぁと思います。

 

まずは、知っている曲で「会場にいる人に自分たちの話を聞いてくれる姿勢を作る」これが一番突出していたのがDA PUMPで、その後の知らないであろう曲もみんなが一緒に乗ってくれるという一体感がありました。

 

盛り上がりもすごく、パフォーマンスも歌もうまい!DA PUMPってこんなに素晴らしいアーティストだったんだ!とライブに行きたくなりました。

 

このような出会いがフェスの醍醐味でもありますね。


SIMのMAHさんが言った言葉


参加されたアーティストの多くは、台風のことについて話してくれる人が多かったのですが、SIMの言葉は凄く響きました。

 

メモが殴り書きになってしまったので、間違った部分もあるかもしれません。

 

「物資が足りない、電気が来ない、騒音がうるさい、休ましてほしい。そのような様々な思いは当然ある。

 

でも、一人一人の思いに応え全員を納得させることが氣志團の仕事じゃないよね?

 

それぞれが、支援する形は色んな形があると思う。

 

この氣志團万博がなければ袖ヶ浦は知らないし、来ることもなかった。

 

でも、氣志團万博があったから、千葉県が大切な場所のひとつになった。」

 

酔っ払って氣志團の時のように全てをメモできなかったのですが、こんな感じのことを言っていて、凄く響きました。

 

確かに、氣志團万博に行かなければ私は、千葉県にも、袖ヶ浦にも行かなかったと思います。

 

氣志團万博に行ったから、多少なりとも現状を自分の目で知ることができました。

 

目の前で募金をし、千葉で飲み食いし、お金を多少でも使うことができました。


Dragon Ash KJの言葉


KJもMCで台風の被害に触れ「俺たちに八つ当たりしていいから!」

 

「俺たちは何度も何度も音楽で救われてるから、そんな風に少しでも思えてもらえたら。だから、今日はケガしない程度に。俺たちの音楽に八つ当たりしていいから。」

 

と氣志團万博最高じゃねーか!と煽り、私が行ったフェスでは聞いていないセットリストを聞かせてくれました。

 

 何か、いつもと違う感覚を味わった気がします。

 

私は、Dragon Ashが好きで、京都大作戦や氣志團万博に行くようになったのですが、そのおかげで様々なアーティストのファンになりました。

 

氣志團も京都大作戦で初めて観てから氣志團万博へ行こう!と思ったバンドです。

 

このように、様々な出会いもあり、様々な思いを知り、そして、その思いに対して、参加した私たちが、千葉のことを考えるきっかけになったのではないかと思います。


木梨憲武さんはエンターテナーだと思いました!


フェスで大トリがノリさん?

 

最初のタイムテーブルを見た時に、ひょっとしてタカさんが出てきて矢島美容室が復活するんじゃないかとほのかな期待をしましたが、登場しませんでした。

 

しかし、フェスでモノマネをするというぶっとび具合で、会場を爆笑に。

 

とんねるず世代の私には、ノリさんらしさ全開で、さらにオリジナルの歌もすごくよく、作詞のセンスもすごいなぁと引き込まれました。

 

会場にいる何万人という人にちゃっかりメジャーデビューの告知をし、それがニュースになるという。

 

賢い拡散方法だと思います。

 

「I LOVE YOU だもんで」面白いし、ちょっとウルっとくる最高でした。

 

本当にカッコいい!

 

笑いと音楽って人を本当に元気にするんじゃないかなぁと思います。

 

ノリさんのインスタには「氣志團万博!地元千葉を誰よりも大切にすることを全力で応援します」と直筆メッセージがありました。

 

会場では多くを語ることはなかったですが、こんな思いでやっていたのだなぁと思います。


会場の多くの人が募金に協力していました!


会場には特設の募金ステーションもあり、私も微力ながら募金させていただきました。

 

この写真は開演直後くらいなので少ないですが、その後は長蛇の列となっていました。

 

※9月17日追記 氣志團万博での募金は二日間で1100万円以上になったそうです。

 

台風は事前の対策も必要ですが、災害は防ぎようがありません。

  

私の地元は沖縄宮古島で、台風が非常に多い島でもあります。

 

なので、比較的台風には慣れています。

 

中学生の頃や高校生の時には、停電が3日、4日続き、ロウソクを灯しながら試験勉強をしたこともあります。

 

停電のため冷蔵庫の中身を腐らせて全て捨てることになり、缶詰で過ごしたこともあります。

 

以前強い台風が来た時に、私の母は、強風で転び大腿骨を骨折と大怪我したこともあります。

 

それでも、不満はありませんでした。

 

そして、台風15号の前には、宮古島には風速60メートル以上の台風で、止まっていた車もひっくり返るほどひどく、当然ですが停電しています。

 

私の母から2日停電していて不安だと連絡ありました。

 

沖縄のことはあまり話題になっていないのですが、沖縄でも被害にあっていた人もいます。

 

今回の開催には賛否もあると思います。

 

しかし、私は、このフェスに参加したから募金をしようと思いました。

 

音楽をやることは決して悪ではないですし、会場に来てフェスに参加した多くの人が千葉のことを思ったはずです。

 

そして、考えたはずです。 

 

少しでも力になれたらって。

 

少なくとも私はそのように感じ、参加アーティストたちの思いを受け取りました。

 

自粛するだけが正しいことではないですし、正しい、正しくないで議論することではなく、「どちらも正しい」んじゃないかなと思います。

 

私は、参加できてよかったと思いますし、開催してくれて本当にありがとう!と思います。

 

まだ、復旧していない地域もあると思います。

 

なので、様々な思いがあるのは当然です。

 

それでも、この氣志團万博をきっかけで、県外の人たちが災害について「自分たちができること」を考えるきかっけにもなったのではないかなと思っています。

 

小さな支援でも、それは数が多くなれば大きな力となります。

 

その支援のカタチの一つがこのフェスでもあったのではないか?私はそう信じています。

 

最後に、氣志團の皆さんや、関係者の皆さんは本当に苦渋の決断で開催したと思います。

 

いろんな思いを背負う覚悟もあるでしょう。

 

ただ、楽しむだけではなく、様々なことを考えるきっかけになったフェスだったと私は思います。

 

あなたは、何を感じましたか? 


▶︎本質を学べる起業塾



▶︎書き方の流れがわかるサンプル記事プレゼント中!




▶︎2時間のスポットコンサルはこちら



▶︎結果を実感できる企業向けコンサルティング各種



店舗ブログ・スタッフ(社員)ブログのコンサルティング

オウンドメディア構築・コンテンマーケティング法人様向けコンサルティング



 

 

▶︎シェア


▶︎関連記事:信念



▶︎月に1回配信されるか、されかないかのメルマガはこちら


ニュースレターに登録
ブログの書き方から、最新マーケティングの情報、SEOの知識まで集客に関連するブログでは話さない内容を月に1回ペースでお送りします。
Email *
First Name
Last Name
* 必須項目

www.severalmindinc.com Blog Feed

ブログ集客や情報発信での書き方・やり方を学んでも集客できない理由はお客様の困りごとを理解していないから (土, 23 11月 2019)
>> 続きを読む

集客の意味を間違えているとお客様は集まっても一瞬の売り上げで終わってしまいます (Wed, 06 Nov 2019)
>> 続きを読む

起業して発信することが怖い人に知って欲しい事は「自分のお客様へ向けて発信すれば批判や否定は怖くない!」 (Wed, 23 Oct 2019)
>> 続きを読む

成約率を高める検索意図を理解する為には言葉の意味を決定すること (Fri, 11 Oct 2019)
>> 続きを読む

結果ばかり見るから過程を楽しめない?過程を楽しむコツとは? (Wed, 02 Oct 2019)
>> 続きを読む