宮古島の親戚のおばーから教えてもらった事業を生存させるのは売上高は関係ないという話

 

こんにちは。

 

らく〜に売る専門家 うちだ広大です。

 

売り上げをあげなくてはいけない!

 

安いものを売らずに、価格をあげ、単価アップをしないといけない。

 

多くの人が「売上高」をアップさせようと必死に頑張っています。

 

売り上げを作るために経費をかけて利益を削ってしまいます。

 

成長するには、資産を増やすことが必要です。

 

資本を使って資産を増やしていく。

 

この辺のことがわからない人が多いのです。

 

起業したての人や、ビジネスをよくわかっていないSNSの世界だけでビジネスをしている人や、アメブロなどに多いなんちゃってコンサルなども含めて。

 

この辺はブログコンサル育成講座で詳しく教えているのですが、今の時代は、成長を目指す前に、「生存」が必要です。

 

多くの人は生存を考えずに、売上高を取りに行くのです。

 

だからうまく行かなくなり、頑張らないといけなくなる。

 

実は生存することってすごく簡単なことなんです。

 

それには売上高は関係ありません。

 

そのことを深く知ることができました。

 

 

売上高と生存は関係ない!あなたのビジネスは生存することを考えていますか?

 

5年ぶりに実家のある宮古島へ帰った時に、親戚のおばーがやっている商店に顔出したときです。

 

ここからは、会話口調で説明します。

 

    おばー!久しぶり!元気!

 

おばー   元気よ!

 

    まだお店続けてたんだねー! 

     でもさ、おばーお店ほとんどなんもないねー! やっていけているの???

 

おばー  やっていけてるから開いているさぁー!

 

私    あぁぁそうだね!開いているよね。 でもさ、13時に閉めているんでしょ? 家賃や電気代とかは?

 

おばー   お家だからかからないさー!

 

    あぁぁそうか!じゃあさ、お給料は???

 

おばー  おじーとおばーの年金があるさー!

 

私    あぁぁ!給料いらないのか! でもお客さん来てるの???

 

おばー  いつも、決まった人が、決まったものを、決まった数だけ買っていくさー!それしか仕入れないわけよ!

 

私    !!!!そう言うことか!だったら赤字にならないよね! 実際いくら売れてるの? 

 

おばー  わからんけど月3万くらいかな?

 

    3万!そうかそれでも利益が確実に出て赤字にならないもんね。

 

 

売り上げを取りに行くために一発逆転で経費をかけるのではなく生存を考えたビジネスをまずは始めよう!

 

いかがでしょうか?

 

年間36万の売上で生存できるんですよ。

 

しかも無借金経営です。

 

生存と売上高はこのように関係ないなのです。

 

多くの人は、売上高を取りに行くから、ビジネスのリズムを狂うんですよ。

 

ダイエーは売上高6兆円あっても潰れたのです。

 

売上高ではないんですよ。

 

あなたも生存を考えるなら。

 

このように、ビジネスの根本的な事を私は、ブログ集客も絡めながらあなたに教えていっています。

 

この考え方を変えること。

 

これであなたのビジネスは生存でき、成長を目指すことができるのです。

 

その時の売上だけを上げても生存できなければ意味ないですよ。

 

多くのコンサルがあなたに売り方や書き方などテクニックしか教えないのは、生存の原則を知らないからです。

 

まずはその辺から学んでいった方が長くビジネスができると思いますよ。

 

 

 

メルマガお申込みいただいた方には、「ブログを楽しみながら集客できるマインドセット」というレポートをプレゼントいたします。

ぶれない軸を作る!
お客様に愛される集客法

follow us in feedly

 

うちだ広大って誰?

 

プロフィールはこちら

www.severalmindinc.com Blog Feed

楽しくないと成功できない!という人はツライ事を十分受け止めた先の話をしているだけではないかという話 (金, 21 4月 2017)
>> 続きを読む

プロのカメラマンにプロフィール写真を撮ってもらうの巻 (土, 15 4月 2017)
>> 続きを読む

【ブログ集客】季節から顧客ニーズを探っていくとブログネタに困らなくなります! (木, 13 4月 2017)
>> 続きを読む

Facebook広告は集客よりも認知のために利用する方が効果が高いという話 (日, 09 4月 2017)
>> 続きを読む

働きながら起業を目指しブログが書けない時に必要な考え方 (日, 02 4月 2017)
>> 続きを読む