· 

調べたことをただ書くだけでは劣化コピーブログになって埋もれるだけ

   

 

こんにちは。

 

うちだ広大です。

 

最近はブログ集客やワードプレスで集客。

 

ブログの書き方など、ブログをテーマにしたFacebook広告などをよく見かけるようになりました。

 

また、起業した人などにもオウンドメディアを勧めるところもあります。

 

その結果ブログ人口は増えているのだと思いますが、同じような記事ばかりが溢れ、価値のある情報よりも劣化コピーなオリジナル性のないブログ記事が増えているように感じます。

 

ブログを書く際に検索してリサーチすることはあると思いますが、調べたことをただ書き直しているだけのブログは非常に多いです。(私の記事も人のこと言えませんが。)

 

あなたの業種で、地域は違えど同じようなことが書かれた記事って本当にお客様が必要とする記事なのでしょうか?

 

そのテーマで記事を書いてもあなたのブログをお客様が読む必要はあるのか疑問です。

 

最近はそんなんブログばかり増えています。

 

あなたが書いているそのブログで本当に集客ってできていますか?

 

調べたことをただ書くだけでは集客できない理由と集客するために必要な記事とは?ということをこれから書いていきたいと思います。


あなたのブログはあなたが書かなくても誰かが書いている内容になっていませんか?


 ブログ集客で必ず言われることは、私も言っていますが、お客様の悩み解決や、お役立ち記事、面白い記事などです。

 

しかし、そのような記事を書いても集客できない人の方が多いのが事実です。

 

なぜ集客できないのでしょうか?

 

その理由は、お客様が本当に解決したい悩みではない場合が多いのですが、それ以外のもっとも大きな理由は、「あなたのブログじゃないといけない」という理由がないからです。

 

他で調べたらわかるような記事を、専門用語を多用し、偉そうにドヤ顔で書いていてもお客様は理解できません。

 

その調べた内容よりも、よりわかりにくくなっている場合が多いです。

 

専門性を出すというのは専門用語を使うということではありません。

関連記事

▶︎ブログの専門性を高める時に勘違いしていはいけないこと


方法や、やり方を教える先生ブログになっている場合が多い


あなたが書いている記事は誰に向けて書いていますか?

 

どんなお客様に何を伝えたいのでしょうか?

 

そこが明確になっていないブログを書く人が非常に多いのです。

 

「こんなことで悩んでいるのだろう」という売り手の都合で記事を書いている人が非常に多く、誰に向けてというよりも、先生ブログになっている場合が多いです。

 

お客様は方法を知りたいのではなく、自分の悩みを「わかって欲しい」のです。

 

まずは、お客様の悩みを売り手であるあなたが受け止める必要があります。

 

関連記事

▶︎ブログの書き方は誰かに教えるのではなく伝わる書き方を目指しましょう!


どうでもいい文章で文字数を稼ぎ、お客様に向いた記事にならない「同質化」ブログ問題


ブログ塾やブログを教える人、または書き方、ライティング術などを教える人があまりにも増えすぎていますが、教えている内容ってどこも似たり寄ったりなんですよね。

 

そして、書き方の型を教わっていきます。

 

この書き方の型に当てはめて書く人が多かったり、調べた書き方をそのまま真似して書く人などが多いので、検索しても似たり寄ったりの記事が増えています。

 

文字数を稼ぐために主観的な所感や、検索して調べたことを長々書き、お客様に関係のない記事となっています。

 

そしてかなりの確率である「いかがでしたか?」というテンプレ。

 

これは、お客様に向いている内容ではないと問いかけは全く意味を持たなくなってしまいます。

 

1文字いくらで仕事をしているライターなどがこのようなテンプレ文章でブログを書くのでしょうが、これがブログを同質化し、検索結果のユーザー体験を陳腐なものにしています。

 

これでは以前あったWELQ(ウェルク)問題となんら変わらない劣化コピーブログばかりが検索上位に上がっているキーワードもあります。

 

本当にお客様が欲しい情報なのかは大きな疑問を感じてしまいます。 


調べた内容を自分の言葉にしたとしても、オリジナリティーは出ない


あなたが調べてた思ったことを書いていてもそれは、あなたが感じたことであってお客様が感じたことではないのです。

 

あなたの主観のブログだったり、調べたことをそのまま載せているから劣化コピーにすぎません。

 

集客できるブログは、お客様が今感じている場面や、お客様のことを記事にする方がお客様に向けた記事になります。

 

あなたのことや、ネットで調べたことではないのです。

 

そのような記事を書いていてもブログ集客できないですし、ノウハウ記事でもあなたのブログを読む理由にはなりません。

 

なぜならあなたよりも、もっと詳しく書いている人がいるのです。


お客様が本当に求めていることを売り手のあなたが理解しないとブログ集客はできません。


ブログの集客のノウハウでは、悩みから書けとか、解決策を書けとか、答えを書けと言われます。

 

その結果、ネットで調べた内容をそのまま記事にしているのです。

 

それってあなたのお客様が本当に欲しい情報なのでしょうか?

 

あなたのお客様は、そのブログを必要としているのでしょうか?

 

お客様に本当に必要とされるブログは、大きなアクセスがなくとも集客が可能です。

 

アクセスを稼ぐために長ったらしい文章を書く必要はありません。

 

お客様の痛みを知り、お客様の願望や、不満、不安などをあなた自身が受け止め、知ることです。

 

関連記事

▶︎【ブログの書き方】職業ブロガーの書き方と商品サービスを購入してもらうブログの書き方は違う


あなたが書きたい内容の為の検索ではなく、お客様の悩みを知る為の検索やアンテナを貼ることが重要です。


店舗集客や、商品、サービスを購入してもらうブログは、あなたが書きたいことの為に検索するのではなく、お客様の悩みなどを知る為の検索をすることです。

 

あなたは、自分のお客様の痛みや、願望や、不満、不安、嬉しさ、楽しさを知っていますか?

 

どんな時に痛みを感じ、どんな場面で困っているのか?

 

どんな時に嬉しさ、楽しさを感じるのかを知っていますか?

 

自分が書きたいテーマで、文字数を稼ぐ為の検索では劣化コピーになるだけです。

 

お客様を知る為の検索や、日々アンテナを貼ることが重要です。

 

あなたのビジネスに関連するニュースを見たお客様の声を常日頃から意識して収集することです。

 

そうすることができればブログはお客様が求める情報を発信することができます。

 

それができれば勝手に信用し、勝手に信頼し、お客様からお頭を下げて売ってくれ!という状況を作ることができるのです。

 

同質化されたブログを作って検索されることを意識するのではなく、お客様の為のブログを書きませんか?

 

私のコンサルティングは、マーケティングの基礎から、演繹法や帰納法を用いたビジネス構築なども取り入れ、サイトの根本から見直しさせていただきます。

 

時流にあったご提案とブログ記事を書いて勝手にお客様が集まるサイト構築を目指していただきます。

 

起業向けのコンサルは早い者勝ちです。(埋まってしまった場合はお断りする時があります)

▶︎個人向けコンサルティングはこちら


▶︎書き方の流れがわかるサンプル記事プレゼント中!



▶︎2時間のスポットコンサルはこちら



▶︎結果を実感できる企業向けコンサルティング各種



店舗ブログ・スタッフ(社員)ブログのコンサルティング

毎週1記事作成する法人様向けコンサルティング


follow us in feedly

▶︎ブログ集客のコツ関連記事



▶︎ブログのことは全く触れないメルマガはこちら


ニュースレターに登録
ブログの書き方から、最新マーケティングの情報、SEOの知識まで集客に関連するブログでは話さない内容を月に1回ペースでお送りします。
Email *
First Name
Last Name
* 必須項目