売れないものを無理やり売るマーケティングは通用しなくなる

こんにちは。


うちだ広大です。


気が付けば2か月ほどこのブログも空いてしまいました。


見ている人は少ないと思いますが、これからは真面目に更新も考えていきます。


今回は、マーケティングについてです。

多くの人が学ぶマーケティングは売り方を教えるマーケティングになります。


売れないものに付加価値をつけたように見せかけて売る手法です。


ネットビジネスの多くがこの手法を用いています。

最近見たコンサルのブログでは、ブログ集客系のコンサルは、集客できないと言い放ち、TELや対面でも営業したのか?というブログを書いていましたが、ブログで集客したい人にブログ集客を教えるなら、ブログから集客できなければ全く意味がないんですよね。


そして、営業したり、TEL営業、FAXDMも僕はちょっと否定的なんですよね。

メンドクサイし。


だって売り手都合じゃないですか。


押し売りの。

これって売り方のマーケティングなんです。

売り手都合の売り方はドンドン売れなくなってきています。

お客様は賢くなって来ています。

最近は、こういったマーケティングではなく、本来のよく考えたら当たり前の話に戻って来ています。


それは何か?


本当に良い商品やサービスって売れるってことです。


ただ、ほったらかしで待っていても売れませんよ。


それには、お客様に合わせ、どんな場所に売るかが重要になるからです。

お客様は、欲しいものを、欲しい価格で、欲しい場所で、納得して買いたいのです。

多くの人はここに気づかずに一方的なセールスをしてしまいます。


そうではなく、お客様に合わせたやり方をしていくことで、ビジネスは飛躍的に拡大していきます。

しかし、高く売らないと儲からないと考える人が非常に多く、売り方を学んでしまうんですね。


そうではなく、あなたの本当のお客様の合わせたビジネスを展開するのが集客できるようになる秘訣です。


そんなWEBマーケティングを学びませんか?


お問い合わせはこちらから