· 

集客の意味を間違えているとお客様は集まっても一瞬の売り上げで終わってしまいます

   

こんにちは。

 

うちだ広大です。

 

ビジネスをしていると、集客は必須になるのですが、私も集客を教えているので、「集客できません!」という相談が多く、世の中のコンサルタントなども集客の仕方や、高額を売るための方法などを教える人は多いです。

 

しかし、いざ、集客のノウハウや、売り方のノウハウを学んで売れたのはいいが、その後は続かないという人が多いように感じます。

 

最近では、デジタルマーケティング主流になり、企業も、個人も情報発信が容易にできるようになりました。

 

オウンドメディアや、Facebook、インスタグラム、LINEなどのツールを活用し、集客する方法を求める人が多いのですが、売り方や、やり方だけを駆使してしまうと、一瞬は売り上げは上がるのですが、その後に継続した売り上げを立てることができないという悩みも増えています。

 

その流れはこんな感じです。

 

インスタやFacebook、ブログ、オウンドメディアで情報発信し、LINEやメルマガへ誘導し、フロントになる低額のサービスを購入させ、その後顧客を教育し、高額のオファーを流しお客様に売るという手法です。

 

そのノウハウを学び、一生懸命ツールを使って情報発信しても、なかなかLINEやメルマガの登録も得られない。

 

または、一回は高額の商品が売れたのはいいけど、その後継続した売り上げを立てることができないといった人が増えています。

 

このようなノウハウが蔓延し、同じようなものを提供するライバルが増えているのが売れなくる一因でもあるのですが、ライバルが増えた分、さらに「差別化」「強み」に走り、よりお客様が少ない方向へ行く人が多いように感じます。

 

差別化、強みを打ち出したはずなのに、なぜ、売れない、集客できないという問題を抱えてしまうのでしょうか?

 

それは、集客するという意味を間違えて捉えてしまっているのです。

 

そこに気づかず、ただお客を集めれば売れる!と考える人が多いので、お客様との信頼関係はおろか、ビジネスを継続していくことができなくなってしまいます。

 

この記事では、なぜ集客できても継続性のあるビジネスができないのか?について解説していきたいと思います。


実は集客の意味を間違って捉えている人が多い!


集客の意味とはどういった意味だと捉えていますか?

 

一般的には、集客は、「お客様を集めること」と認識している人の方が多いのではないでしょうか?

 

実は、これが間違った捉え方なのです。

 

 集客という言葉を英語で表記すると、「Attract customers」となります。

 

Attract とは引きつけるという意味です。

 

さらに、Attract customersを日本語訳にすると、顧客を引きつけるとなります。

 

「集客」と「顧客を引きつける」という意味合いは違ってきますし、情報発信の仕方も大きく変わっていきます。

 

「集客=お客様を集める」と考える場合は、集めるという売り手の視点になります。

 

一方、「集客=顧客を引きつける」と捉えた場合は、言い換えれば、お客様が魅了されて引き寄せられるといういう意味になります。


お客様を集めるという「集客」は売り手都合になってしまうので集客に行き詰まる


お客様を集めるという視点での集客という考え方は、いかにお客を集め、そのお客にどうやって売るか?ということがテーマになります。

 

だから、多くの人は、集客する(お客を集める方法)手法を学ぼうとします。

 

これは、売り手がお客様を欲しいから集めたいということです。

 

つまり、集客したい!と考える行為自体がそれは、売り手の勝手だよね!ということです。

 

関連記事

集客を教える人が増殖中!そもそも集客は必要ないのではないだろうか?


お客様を引きつける(魅了する)とはどういうことか?


では、お客様を引きつける、魅了するとはどのような意味なのでしょうか。

 

辞書によると、「心がどうしようもなく惹きつけられるさま。 すっかり惚れ込むさま。」とあります。

 

言い換えれば、惹かれる、魅せられるということです。

 

ここで勘違いしてはいけないことは、お客様を惹きつけるために、自分を売ればいいのか!とやってしまうことです。

 

そうではなく、あなたの商品やサービスに対して、お客様が、惹かれる、魅せられるということです。

 

これは、売り手の都合ではなく、お客様がその商品やサービスに魅力を感じ、惹かれるということになります。


お客様が惹かれる、魅せられる商品やサービスを提供していないと集客できません


集客は、お客様が欲しい商品やサービスであることが大前提です。

 

お客様が欲しい、必要だから、惹かれるのですし、魅せられるわけです。

 

それを、お客様が欲しくもない、必要としていないものを、売り手の魅せ方や、売り方で集客しようとするから失敗するのです。

 

それでは、一瞬は売れたとしても続きません。

 

なぜなら、お客様は、心から魅せられてないですし、惹かれてないからです。


集客を考える前に商品やサービスをお客様が欲しいもの、必要なものに変える必要があります


集客は、売り手の商品やサービスを「どうやって売るか?」がテーマでどのように魅せるか?

 

どのように興味を引かせて売りつけるかではありません。

 

お客様にとって魅力ある商品、サービス作りが先です。

 

自分が売りたいから、どうやって売るか?という視点からの集客は売り手都合であり、それらのノウハウを一生懸命頑張っても継続したビジネスはできません。

 

お客様が必要とするもの、欲しいものはなに?という「買う立場」からビジネスを構築していくことが必要です。

 

なかなか継続した集客ができないなぁと思っている人は、集客の本当の意味を理解し、お客様が必要とするビジネスに転換することをお勧めします。

 

ブログや、SNS、LINE、メルマガなどのツールを使えば集客できる訳ではなく、お客様にとって魅力あるビジネスを構築することを先に考えていきましょう!

 

私のコンサルティングでは、お客様のニーズである困りごとから考えて、お客様の気持ちを汲み取っていただくことを考えたブログ構築を行っていただきます。

 

書き方などではなく、ビジネスをするにあたって最も大切な「お客様目線」をブログや文章を通して学んでいただきます。

 

▶︎ビジネスの本質がわかる

個人向けコンサルティングはこちら


▶︎本質を学べるオンライン起業塾(1ヶ月無料で参加できます!)



▶︎書き方の流れがわかるサンプル記事プレゼント中!



▶︎2時間のスポットコンサルはこちら



▶︎結果を実感できる企業向けコンサルティング各種



店舗ブログ・スタッフ(社員)ブログのコンサルティング

オウンドメディア構築・コンテンマーケティング法人様向けコンサルティング



 

 

▶︎シェア


▶︎関連記事:マーケティング



▶︎月に1回配信されるか、されかないかのメルマガはこちら


ニュースレターに登録
ブログの書き方から、最新マーケティングの情報、SEOの知識まで集客に関連するブログでは話さない内容を月に1回ペースでお送りします。
Email *
First Name
Last Name
* 必須項目