· 

個人店舗のセレクトショップの集客法(売り上げアップの仕方)

 

こんにちは。

 

らく〜に売る専門家 うちだ広大です。

 

今アパレルはワールドが500店舗閉鎖、イトキンも400店舗閉鎖、三陽商会も250人のリストラから追加5ブランド廃止。TSIホールディングスは440店舗以上廃止など、2014年あたりから大手アパレルの再編は進んでいます。

 

私時自身も今から12年前の25歳の時にセレクトショップを立ち上げて起業しました。

 

その時から、服はもうアカーーーン!なんて言われていましたがまだ今よりも売れていたと思います。

 

今よりもネットではなく雑誌の影響が強かった時代です。

 

ネットショップも当時では珍しいと思われていました。

 

私は開業当初からカート付きのホームページを運営していましたが、今はネットショップは個人でお店をやっていくには欠かせないものにもなっています。

 

ZOZOタウンが今期も絶好調のようによりネット販売は伸びるでしょう。

 

しかし、ここで私が提案したいことはネットショップをやりましょうではなくもっと根本的なご提案です。

 

実際に私は2度セレクトショップを経営しています。

 

1度は失敗し、2度目は自ら辞めました。

 

今個人で運営する服屋さんは非常に厳しい状況のところも多いのではないでしょうか?

 

もしあなたが今の状況を少しでも改善したい!

 

そう考えているのなら参考程度に読んでみてください。

 

集客できないお店が見直してみて欲しい5つのポイント

 

お客様が来ない、売れないことには必ず理由があります。

 

あなたはなぜ集客できないのかを客観的に考えたことはありますか?

 

今すぐ集客できる方法や今すぐ売れる売り方などテクニックばかり求めていませんか?

 

実はあなたのお店が集客できない理由は集客の仕方を知らないからではなくお客様を知らないことにあります。

 

あなたが本気で集客を考えているのなら、これから話す5つのポイントをまずは見直してみてください。

 

ファッションに携わる人の多くは「自分は他と違うんだ!」という意識が少なからずあるように感じます。(私もそれが強くありました)

 

しかし、そのプライドとも言える意識が否定的になってしまい、主観でしか考えられないようになってしまいます。

 

まずは客観的に自分のお店を見てみる。

 

そこからスタートしてみましょう!

 

 

1.お店の立地を再確認してみよう!

 

小売業の場合は「立地」は非常に重要な要素を占めます。

 

立地で70%以上決まるとも言われています。

 

しかし、立地について多くの人は学んでいません。

 

日本で語られる良い立地と言われるところの多くは良くない立地だったりします。

 

あなたのお店がある場所はどんな道路に面していますか?

 

生活者が多く歩く道路か、車が多いような場所、ダウンタウン型の街中など様々な通りがあります。

 

あなたのお店はどんな場所にありますか?

 

また、ライバル店はどれくらいあるのかを理解していますか?

 

商圏人口はどれくらいなのか?

 

また、支持人口はどれくらいあるのか?

 

支持人口は商圏人口をライバル店で割った数があなたのお店のお客様になり得る数です。

 

例えば、商圏が20万人いるとします。

 

その20万人の商圏に服屋が200軒あったとしたらあなたのお店の支持人口は1000人となります。

 

これではかなり少ない人口ですよね。

 

このように市場調査をして立地を判断しないといけないのです。

 

立地をまずは理解することで、どのようにお客様に知ってもらうか?という認知のさせ方も決まってきます。

 

 

2.お客様にお店を認知させる告知活動をしましょう!

 

あなたのお店になかなかお客様が来ない理由はもしかしたら知られていないだけかもしれません。

 

「こんなところに、こんな(素敵な)お店があったんですね!」なんてはじめて来店されるお客様にたまに言われたりしませんか?

 

それはあなたのお店のことをまだまだ知らない人が沢山いる証拠です。

 

ポスティングやショップカードは意味がないと思っていませんか?

 

ポスティングやショップカードは集客するために使うのではなくお客様にあなたのお店を知らしめるために使うのです。

 

 

これは私が2度目のお店の時に作成したショップカードです。

 

ちょうど本の栞になるような大きさなので「本の栞に使ってください!」と言って配りました。

 

それだけで捨てられず使用してくださる人もいらっしゃいます。

 

洋服はニーズはありますが、今すぐ、毎日買うものではありません。

 

お客様が欲しい!となった時の選択肢の最初に自分のお店がならなけばいけないのです。

 

お客様にあなたのお店を認知させてなければ知られることはないのです。

 

ブログやインスタグラムなどで新作入荷♪とやっても新規のお客様はやってきませんよ!

 

3.お客様が欲しい価格を知っていますか?

 

ビジネスは欲しいものと欲しいものの等価交換が原則です。

 

あなたはお客様が欲しい価格、これなら買ってもいいか!という価格をしっていますか?

 

ライバル店の中でもあなたがお店を出している商圏内で一番売れているお店の価格ゾーンはいくらかを知っていますか?

 

その一番売れている価格帯がお客様に一番支持さている価格です。

 

あの店はダサいからとあなたの目線で判断するのではなく、評価はお客様がするのです。

 

まずはどお店の価格帯が一番売れているのか?をリサーチしましょう!

 

売れている価格、お客様に支持される価格を知ることが一番重要です。

 

あなたが欲しい価格で商売するのではなくお客様が買える価格で商売をしたほうが圧倒的に売りやすくなります。

 

 

4.お客様が欲しい商品ではなく売りたい商品を売っていませんか?

 

売り手の都合で、売り手が欲しい価格で、売り手が売りたいものをお客様を説得して販売していませんか?

 

お客様は今何を求めているのか?

 

どんな服が好まれるのか?

 

あなたの感性もファッションにはもちろん必要で、ファッションセンスも当然ながら必要です。

 

しかし、多くの人がお客様に自分の感性で売りたいものを一方的に販売している場合が多いのです。

 

その多くが高いドメスティックブランドでよく知らないブランドだったりします。

 

お客様が買える価格でなおかつ欲しいものを探っていきましょう!

 

 

5.売り上げが落ちているブランドを付き合いで取引していませんか?

 

なかなか売り上げが上がらない、または売り上げが落ちてきているお店の中には、仕入先をずっと変えていないお店も存在します。

 

メンズメインのショップなのにレディースを少し置いていたり。

 

レディースが全く売れない場合はその仕入れ分だけ利益を削ってしまいます。

 

実は、この取引ブランドを変えていくことが売り上げアップの近道だったりします。

 

取り扱いブランドごとの集計は取っていますか?

 

売れているブランドは残し、売れてないブランドはその分野で売れているところに変更をかけていくことで売り上げを取っていくことができます。

 

オーナーのこだわりや、バイヤーのこだわりなどもあったりしますがそのこだわりは売れてなければ意味がありません。

 

売れなてないブランドの見極めをしっかりしましょう!

 

 

まとめ

 

お客様にあなたのお店を支持していただく方法は、あなたのお客様のことをしっかり知り、お客様の為にあなたのお店がある!と知らしめることです。

 

お客様についてと自分のお店のことも知ることで、どんなお客様に「何を」「いくらで?」売ればいいのかを探っていくことができると思います。

 

そして、あなたのお店の服はお客様をどのように幸せにするのでしょうか?

 

そんな想いをしっかり発信していくことであなたのお店の存在に気づいたお客様がその声を聞いてくれるようになっていきます。

 

お客様に支持され選ばれるお店になって欲しい。

 

今すぐ売り上げが上がる! 集客できる!というやり方ではありません。

 

しかしお客様のことを考えてやっていくことは必ずプラスになっていきます。

 

まずはこの5つをしっかり見直してみませんか?

 

そうすることであなたのお店の突破口が見てくるかもしれません。

 

メルマガお申込みいただいた方には、「ブログを楽しみながら集客できるマインドセット」というレポートをプレゼントいたします。

 

ぶれない軸を作る!
お客様に愛される集客法

 

 

▶️オススメ記事

セレクトショップのブログ活用法

 

シェア!

follow us in feedly

 

 

うちだ広大で誰?

 

プロフィールはこちら