· 

自分に都合の良いお客に向けて書いているからお客様へ向けたブログが書けないんですよ。

   

 

こんにちは。

 

うちだ広大です。

 

ブログがなかなか書けません!という相談や、何を書けばいいのかわからない。

 

教えてもらっても面倒だから実践しない。

 

そして結局、楽に、すぐに、儲かると思わされる方へ行き、結局作業が多い。

 

すぐに儲からないと不満ばかり言ってはあっち、こっちふらふらする人は結構多いです。

 

多くの人がなぜ集客できないのか?

 

お店をオープンssせればお客さんは来ると思っていた。

 

起業すればお客さんが来ると思っていた。

 

こんなに頑張っているのに、お客さんが来ない。

 

そのように感じて集客方法や売り方のテクニックばかりを探し回る人が多いです。

 

ブログの場合は、お客様のことを考えて記事を書こうとした時に皆さんこの壁にぶつかります。

 

その理由は、今までが売り手目線だったからで、お客さんが買う前提、している前提でビジネスをスタートしてしまったからです。

 

お客さんってあなたのビジネスをあなたが思っているほど知らないし、興味ないですよ。

 

 

ビジネスはお客様のニーズを探ることから始めます。

 

あなたが集客できない理由。

 

それを先に言ってしまうと、それはいままで、自分が勝手に作り上げてきたお客様像に向けて記事を書いてきたからです。

 

または、探してきたからです。

 

自分の都合の良いお客様の悩みや困りごとに向けて書いてきたからです。

 

だから、本当のお客様の「ニーズ」に向き合うことができないんです。

 

ニーズを知ろうとしないんですよ。

 

つまり、お客様が欲しいものを先に探して、そこにあなたの商品やサービスがその欲しいものかどうかを考えていくんですよ。

 

ニーズではなく自分の願望だけが優先されているんです。

 

私の経験ベースでビジネスをしようとして、お客様を「私の経験」に全て合わせようとするから集客できないんですよ。

 

あなたができた経験をお客様に押し付けているに過ぎないんですよ。

 

あなたの経験やあなたが感じたことがニーズではないんです。

 

お客様がいま欲しいものがニーズです。

 

お客様のことを考えているつもりなんです。

 

だからお客様とあなたの間にズレが生じてきます。

 

自分がやって出した結果は確かに必要ですし、大切で、それは証明になります。

 

しかし、そのやり方をお客様に押し付けてもお客様は同じ経験をできない人の方が多いのです。

 

だから不満を生んでいく。

 

それができなくて困っているのだから、その困っていることをできるようになるためにはどうするか?が必要なのです。

 

主観が抜けないとお客様目線の記事は書けません。

 

あなたの心情ばかりではなく、お客様が共感するところはお客様の心情をあなたが言語化することなんです。

 

主観から客観に考え方、視点を変えることです。

 

どんなところにお客様のニーズが存在するのか?

 

その目を養うことです。

 

お客様の暮らしを知り、お客様の今目の前の悩みや困りごとを知る。

 

そして、本当の問題に気づいてもらう。

 

そんな記事を書いていくことです。

 

書けない人はまだまだ「主観」でしかないんです。

 

主観を越えた瞬間あなたの視野は大きく広がります。

 

客観的にお客様を見て視野を広げることがお客様目線のブログを書いていく方法です。

 


1月28日(日)開催決定!最短で集客できるようになる

オウンドメディア作成の為の文章力アップ講座



▶︎書き方の流れがわかるサンプル記事プレゼント中!



▶︎2時間のスポットコンサルはこちら



▶︎結果を実感できる定期コンサルティング各種



店舗ブログ・スタッフ(社員)ブログのコンサルティング

毎週1記事作成する法人様向けコンサルティング



※月1か2回でなかなか配信されないことで有名なメルマガ


第1位

第2位

第3位


follow us in feedly

▶︎ビジネスの本質についての記事はこちら