ネットショップをやらない服屋のこだわりの意味がわからない

どーも

 

集客コンサルタントのうちだ広大です。

 

今日からこう名乗りたいと思います。

 

今、服は大手しか売れないのではないかと思われています。

 

多くの人が名前の通った服屋で購入しています。

 

買い物に銀座に行くのに近所にもあるユニクロで買う。

 

こんなことが当たり前にあるわけです。

 

なぜか?それは人は知っているものに反応してしまうからだと僕は思っています。

 

ほとんどの人は自分の知っているものを買う。

 

ということなんです。

 

先日久々にバングルが欲しくてお店を色々まわりました。

 

大手セレクトショップをメインに探したのですが、欲しいものが見つからず、これはこだわりのあるUSEDショップかセレクトショップを探そうと思い、スマホで検索したのですが、「ネイティブバングル 梅田」梅田でお買い物していたので。

これで出てきたショップはなんと1店舗。

2番目はなんと群馬。

 

もういちど言います。

 

群馬

 

結局お店を見つけることができませんでした。

 

キーワードがニッチなのかもしれませんが、梅田でネイティブバングルを探していたらこう探しませんか?

 

個人のセレクトショップや古着屋やブランドってオーナーのこだわりが強いのでネットショップをやっていないところもいまだ多かったり、やっていてもお店の名前やブランドの名前で運営されています。

 

それで新規客ってどーやってくるの?

 

自分のお店の名前やブランドの名前をサイトにつけたところで「誰が見てくれると思いますか?」それでお客様がお店に来てくれたりすると思いますか?

 

自分のお店を知っている人があなたのサイトを見ているにすぎません。

 

それもほぼ身内が。

 

うちは顔が見えないインターネットはやらず接客で売ります。

 

みたいお店がいまだありますが、そんなこだわりは今すぐ棄てるべきなんです。

 

いりますかそのプライド?

 

サイトを運営しないショップはただの怠慢だと思っている。

 

お客さんは知りたいんですよ。

 

あなたのお客さんは「ライバル店」に居るんです。

 

これから人口は減少し高齢化の一途をたどります。

 

方都市でお店をやっている人はもう実感しているはずです。

 

集客の減少を。

 

そのまま役に立たないこだわりをいまだ持ち続けますか?

 

冒頭に言いました。

 

お客様は「知っているものしか買わないのです」

 

知らないお店は検索すらされないわけです。

 

どんなにブログをやっていてもサイトがなければ近隣人しかいけませんし買えません。

 

あなたの商品をもっと欲しいっていうお客さんに売りたくないですか?

 

僕なら全国や世界中の人に買ってほしいって思います。

 

だからネットショップをやらない服屋のこだわりの意味が分からないわけです。

 

集客についてお悩みの方はこちらからご相談ください。