京都セミナーで最後に伝えたかったこと

どうも

 

うちだ広大です。

 

18日に行われた京都セミナーですが、今回は初めて資料の配布を行いました。

 

僕は名刺ってあんまり好きじゃなかったので毎回交換すらせずに、さらに僕の情報の資料すら渡したこともなかったのですが、今回は一応作りました。

 

いままでセミナーに来た人からもいまだに謎なのかもしれないです(笑)

 

今回は資料に沿いながらお話をしていたのですが、最後に話すことを書いた資料を思いっきり忘れてしまいました(笑)

 

なのでブログで記しときたいと思います。

 

これだけ読んでも結構ためになると思います。

 


今までは外部リンクが重要視されていて、良質なリンクを得れば 検索順位はあがると言われていました。

 


しかし、最近は内部リンクをしっかり構築することでGoogleからの評価が えられやすくなります。 これはブログも一緒です。

 

 

 

また内部リンクを充実させることで、サイトの滞在時間を長くさせることができます。

 

ブログ、Facebookまた、ネットショップ、ホームページは、誰に向けてやっているか をしっかり考えることだと思います。

 


インターネットを使えば、直接会うことも電話をすることもなく集客したり、モノを売ることができます。

 


しかし、選ばれるためには共感が必要です。

 


セミナーではほとんどの方が始めてお会いする方になります。

 


参加者の皆さんも少なからずわれわれ講師の何かに共感してこのセミナーに参加してくれたのだと 思います。

 


やる側も人なら買う側、見る側も人なんです。 検索エンジンに向けてサイトを作っているわけではありません。

 


アメブロやブログサービスに向けてブログをやるわけではありません。

 

 

Facebookに向けて発信するわけではありません。

 

 

 

大事なのはただアクセスアップすることやただ集客することではないのです。

 

 

 

テクニックはあくまで手段にすぎません。

 

 

 

お客様が何を必要としているのか?

 

 

 

一方通行にならないためには、サイトやSNSの向こうには人がいるんだよってことを忘れないでほしいなって思います。 

メモ: * は入力必須項目です