アパレル業界について接客や集客など

アパレル接客に苦戦する人が多く、アパレルの過剰接客を辞めたい!と考える販売員も少なくありません。アパレルの接客は本当に必要なのか?接客せずに売れるお店を作る為に必要な考え方と方法をお伝えしています。

アパレル販売員の接客について、声かけするタイミングはそれぞれですが、多くの場合は販売員が売りたい!という気持ちが出過ぎてしまっています。最近では接客しないところも増えていますが、接客に力を入れる=売るではありません。

こんにちは。 うちだ広大です。 個人でも輸入物販や、通販事業への参入する人はかなり増えていますが、実際にうまく行っている人は、数少ないような気がします。 売り上げは取れるけど、なかなか利益が出せない。 自社発送をしてなんとか利益は確保しているけど、外注に出したらとてもじゃないけど利益は上がらない。...

こんにちは。 うちだ広大です。 アパレル接客のコツやアパレルでの接客で売り方を一生懸命探す人は多いです。 しかしながら、最近アパレルの接客は難しい。 声かけすることもできずに、お客様に接客、販売ができない。 このように感じる人も多いのではないでしょうか? お客様のことを考えすぎて、声かけができない。...

こんにちは。 うちだ広大です。 「服が売れない」「お客さんが来ない」とネガティブなニュースが多く、市場停滞が叫ばれる中、ライザップが買収したアパレル関連は赤字から黒字へと回復しています。 なぜ売れない!と言われている中ライザップは黒字にすることができているのでしょうか?...

こんにちは。 うちだ広大です。 服が売れない!という声が大きくなっていて大手アパレルの大量閉鎖など、アパレル今苦戦をしていると言われています。 それでも売れているところは売れている事実はあります。 ユニクロの上期決算では、セール依存体質を改善し、値引率のコントロールにより増収増益。 今後はオムニチャネル化を強化していくと思います。...

こんにちは。 うちだ広大です。 アパレル不況が叫ばれ服が売れない!と言われています。 ワールドの500店舗閉鎖やTSIの大量閉鎖、イトキンの身売りなどアパレル業界は過去にない「大量閉鎖時代」となっています。 この流れはアメリカなどはさらに加速しているので日本も間違いなく同じ道を歩むものと思います。...

こんにちは。 らく〜に売る専門家 うちだ広大です。 アパレルでも、ブログ、facebook、ツイッター、インスタグラムなどSNSを活用しています。 しかし、多くのお店は、いかに商品が素晴らしいかや、誰も求めていない商品紹介に終始し、お客様が知りたい情報を発信せずにお客様不在の情報発信に終始しています。...

どーも。 うちだ 広大です。 最近はアパレル関係はあまり書いていなかったのですが、こちらが実はメインだったりします。 アパレルは成熟期から衰退期に差し掛かろうとしていると思います。 見渡してみても、ショッピングモールやファションビル、百貨店には同じようなショップしかありません。 そして、人口はこれからもっと減少していきます。...